FC2ブログ

ヘール・ボップ彗星は今どこを飛んでゐるのか

2月24日(土)しーなとシュウ@オリエンタルホテル--------

28511043_1879868155421551_1845547568_n.jpg
行事の多い壱日。

まづはこないだの「大作戦」以来のぱんぱかトリオ集結。ウェブラヂヲ「旅のしゃべラジ」の収録。
話の内容はまぁコンサートのことが中心になる。
その余波を借り、ぱんぱかトリオの次のライヴの計画とか。

んで レッスンに行き、一旦帰宅したのち 準備してオリエンタルホテルへ。月イチのラウンジ・しーシュである。

ここでの常連、Hさんご夫妻。
こないだのワシのソロ、「吟@ふらんす座」に来てくださり、ぢつは長いお付き合いで初めてワシの「ベースによる弾き語り」を聴いていただいた事になる。
選曲も環境も客層もいつも(オリエンタル)と全然違うし、どー思はれただらうか?と懸念してゐたが、逆にその部分を感心していただき、安堵。

さうだよなぁ。
お客さんだけでなく、ミュージシャン仲間にも、ワシがベースを弾いて歌うところを見たことがない、といふ人もゐる訳だし、まぁ我ながら「捉えどころのない」位置で音楽を演ってゐるものよ、と。

ワシは正しい道を歩いてゐるのかねぇ?。

2月25日(日)歌声一座@お好み焼きの大松--------

けふは「歌声一座」。
こないだの萩で一緒したのち、ひとりで九州をぐるっと廻って来た、「座長」富安秀行さんを、改めて広島で迎えるしーシュ。

こたび初めての試みとして、おなじみお好み焼きの大松の、ライヴスペースではなく、「大松」・・・鉄板焼きの店そのものでの「ゲリラ的」ライヴを敢行。「流し」といふスタイルにこだわり、PAナシ=生声、生音でのライヴと相成った。

大松としても初めての試みであり、店主ヨシコちゃんを含め、ワシらも「どーなるのやら」といふかんぢで。
日曜の夜、と云ふこともあり、お店は常連さんとワシらのお客さんでいっぱいの状態。ここにイキナリ、「流し」が登場するわけだ。

ワシはアコベ「ぱん兵衛」を生音で。富安さんは生ギター、しーなさんはアコルディヲンで。

これが意外なほどえぇかんぢになり、盛り上がる。20分くらいのステージを、休み休み三回。途中で座長に休んでもらふ為にも、ワシやしーなさんが一人で演ったりもした。それも良い効果を生み、まぁ初めての試みとしては、上手く行ったのではなかったか?。
28512518_597265977287451_1584032900_n.jpg

終演後、一見のお客さんと話し込んでゐた富安さんが印象的だった。
お疲れ様でした、座長。

『富安さんが広島に来たらココ』としてゐたハコが立て続けになくなってしまい、我らとしても旅人をお迎えする場所が確保できてない現状。よろしくないなぁ、と思ひつつもどーにも出来ないのがもどかしい。かうなりゃワシが店やるか?とも思ふが、自分のライヴに客を呼べぬ人間が店をやっても閑古鳥が鳴くは必至。

げに、どぅにか出来ぬものか・・・。

アクースティック・ベースギター、と云へども、生ではほとんど「鳴らない」ぱん兵衛。
翌日には指が腫れるくらい力まかせに弾きしごいても、自分で弾いてゐる感覚はほとんどなかったが、お客さん曰く『よぅ聴こえてゐた』さうで、あぁそれなら良かったな、と。

このサイズで、ホンマに生ギターと張り合えるくらいのベースがあるなら、すぐにでも買いたいところではある。

2月26日(月)--------

出張レッスンで向原へ。
その後、しーシュのリハ。

その後、スーパーに寄るが、野菜(特に葉野菜)が高いのには、ほんまに辟易す。
キャベツ1/4が¥300て・・・。

まぁ、工業製品ではないのだから、相場の変動が激しいのは理解できるが・・・。にしても高い。
かうまで高騰が続くと、ガソリンのやうに『なにか特殊な社会事情が働いてゐるのでは?』といふ気になって来るのが、また我ながらウザい。

2月27日(火)--------

ひとり企画「吟」を定例化して行くにあたり、ワシがどのやうなスタイルで演るべきか、を熟考す。

ワシ自身、唄を歌う、といふ事に関しての演奏スタイルにはホンマにコダワリはなく、ギターだらうがベースだらうが下手なピヤノだらうが、曲に合うものならなんでも良いと思ってゐる。・・が、聴く人にとってはワシはやはり「ベース弾き語りスト」の側面が強く、それを求むる声も高いのも確か。

だがまぁベースのみで伴奏、といふ音楽性には、聴き手が思ふより高いハードルが存在するのだ。例えるなら「オブラディ・オブラダ」はベース一本でも(なんとか)形になるが、「レット・イット・ビィ」は難しい、といふトコロか?。

さうしてゐるとyoutube上にAaron gibsonといふ人物を発見。
このおっさん、フツーの唄をベースの伴奏のみで弾き語る、といふ、云はばワシがこれまで見た中で一番ワシに近いことを演ってゐる人だ。

ベースの演奏もたいへん達者であるが、「ベース一本で演る」といふ気概が如実に現れてゐて、ブレない強さを感ず。
ワシには この「思ひ切り」が足りぬのだ、とも思ふ。
ぬーむ、まだ悩む。

2月28日(水)--------

まだ28日しか経ってないが、如月が終わる。
俗に云ふ「2月は逃げる」といふはこの事か?。

けふはレッスンが4人。
ライヴがない日に4人づつレッスンが入れば、そは定期収入として程よいものであり、暮らしを廻す手立てとしては充分なものだと思ふのだが、なんと明日3月の初日から3日間、レッスンもライヴもナシ、といふ・・・。

この3月は、これまでになく仕事が入らず、ぢつは戦々恐々としてゐる。
去年の3月がやはり仕事が少なく、良い機会なので青春18切符での旅に出たりしたのだが、今年はさらに少ない。
だが、以前ライヴを観に行ったミュージシャンがMCで『俺、先月 まったく無収入だったんスよ』と云ってたのも憶えてゐて、あぁさういふ事もあるのか、と。そしてそれが今、自分に降りかかってゐるのか、と・・・。

スポンサーサイト

そんなに痛いんなら自分が試してみろ

RIMG0525.jpg

2月1日(木)--------

如月になりにけり。

ここんところ私塾の教室が好調で、日々レッスンに励んでゐる。
スタヂヲの賃料があるので、自主経営とはいへども総取り、といふ訳には行かぬのだが、巨大組織に属し、マニュアルや規則を押し付けられた上、大幅な搾取を受けるよりは納得できる。

見聞を紐解けば、かつてお江戸は「常磐津」といふ浄瑠璃が町民の娯楽として定着しており、これの三味を教えるものと習うもの、として仕事が成立してゐたさうな。各町に「お師匠さん」と呼ばれる先生がおり、落語にも『ちょいと、そこを行くのは〇〇のお師匠ぢゃありやせんか?』などといふやり取りがある。

勿論これらは、「個人教室」としての習い事だったハズだ。
「〇〇浄瑠璃教室 無料体験指南 好評受付中! 今なら入会金半額 壱ヵ月でお前さんも立派な浄瑠璃を」
なんて事はなかったハズだ。

ライヴが無いせいか、無意味な妄想ばかりが頭を駆け巡る 如月の始まり、である。

2月2日(金)---------

インフルから復活したカワちゃんを迎え、ぱんぱかトリオのリハ。
18日の「大作戦」に向けての追い込みリハ、となる第一弾。曲順を決め、楽器の持ち替えやMCの長さなどに問題がないか、を精査しながらのリハとなる。

ワシは「縦べぇ」と「ゔぃを子」を使い分けながら、のステージとなる。
ホンマ云ふと楽器の持ち替えにはあまり必然性はないのだが、まぁせっかくデカいステージでのワンマンなので・・。

昔はこの規模のステージにはよく立ったものだが、此処んとこづいぶんご無沙汰してゐるので、楽しみっちゃ楽しみ。
今さら思ふのは、あの頃、今くらいの「見せ方」を知ってゐたらなぁ、と。
ツアーまでしてゐたSouth side avenue band なんざ、メンバーん中にあんだけスタイル抜群で露出も高いメンバー(現・HOBOみゆき)がゐたのに、ライヴ中一度もカラんだ事がない。

勿体なかったねぇ。

2月3日(土)--------

Honeysのまゆさんが、ワシのヴォイトレを受けに来てくれた。
例によってウチのスタヂヲまで、エレベータなし 5Fまでの階段を上がって来て、ぜぃぜぃ息を切らしてゐる姿はカワイイ(笑)。40分のレッスンを受けて、ご満足いただけましたでせうかねぇ?。

今年は彼らHoneysとも、もぅちょい頻繁に絡めたらな、と考へてゐる。
で、やはり「よなかのとうふ」あたりも復活させるべきなのかな、といふ気はしてゐる。
しーシュを離れた自分、といふものを、今一度キチンと見つめ直しておくべき年なのかもしれぬ、と。

まぁ、考へるだけ、ではダメなんだがね。

高校の時の数学の教師が、いわゆる口だけ達者な生徒を嘲りながら、『思ふだけなら簡単よ、誰でもできるわぃ。『ワシぁ東大行こうと思ぅた』思ふだけならワシでもできる』と、よく云ってたな。
ヤ○クザみたいな先生だったが(笑)。

2月4日(日)--------

昼から久しぶりにしーシュのリハに入る。

イベントに向けて、とかのリハは演ってないでもなかった(でも少ない)が、いわゆる「しーシュの」リハはホンマに久しぶりだ。久しぶりすぎて、何を演ったら良いのか戸惑うほど。

まぁとりあへず一連のオリジナルから、この春のツアー辺りで演りさうな曲をザっとセレクトし、思ひつくままに演ってみる。演り始めると そこは生真面目なふたり。相変わらず2時間半びっちし、休憩なしで歌いっぱなし&弾きっぱなしのリハとなった。

新曲が出来てない、とは云へ、かうして既存のレパートリィでも繰り返しブラッシュアップしておく事が、唯一無二のデュオ、であり続ける秘訣なのだ。
ここんところ、ちょいとそこら辺を怠けすぎてゐたな、と。

2月5日(月)--------

寒い日々が続く。

ホンマに寒い、と思ふ。レッスン会場のスタヂヲまで、約30分チャリを漕いで行き来するのだが、だぃたぃは家もスタヂヲも着く頃には身体があったまってゐるもんだ。だが、この寒波の中ではそれもない。まぁ ぢっとしてるよりは温いんだらうが・・。

ラヂヲによればこの寒気団、まだまだ日本付近に居座る様子。

2月6日(火)--------

ジャマラディーン・タクマ、といふベース弾きがゐて、元はオーネット・コールマンの所にゐた男。
すごいデカい人なのにスタインバーガーのちーさいベースを愛用してるものだから、なんかゲームのリモコンかなんか持ってるやうにしか見えん。だが、一時期ベースでスタイン、と云へばこの人の代名詞だった。
531335672.jpg

どーやらワシはこの怪人が好きなやうだ。
と云ふもののこのベーシスト、なんとなく掴み所のないヒトで、演ってる音楽がオモロいか?と云へばさうでもなく、ものすごいバカテクか?と云へば、まぁ上手いけど決して「華麗な」業師、といふ訳でもない。どっちか、てぇと無骨で荒々しい。

ただ、なんか気になるんよねぇ。
気づけば色々聴き漁ってゐて、アラブのミュージシャンとコラボしたのとか(オモロない)、女性ジャズ歌のバックでエレベ弾いてるのとか(フツーにジャズ)、色んな国の音楽をごった煮にしたかんぢのとか(イタい)、CDがだいぶ溜まってゐた。

今回、この人にしては珍しく、アコギの人と二人で演ってるアルバムを見つけて注文してみた。多分、あんまりオモロないんだらうな、とか思ひながら・・・(笑)。かういふのをファン心理、といふのだらうかねぇ?。

2月7日(水)--------

ぱんぱか大作戦2018、に向けての最終リハ。

カワちゃん、気合入ってゐる。
しーシュの二人はこの週末から九州への旅に出て、ライヴの前日にしか帰って来れぬので、けふが最後のリハ。まぁ、大丈夫でせう。

ポスターでワシが抱えてゐる「縦べぇ」が楽器に見えぬらしく、チラシを見た人が『この人が持ってるのはナニ?』みたいに云はれるらしく、さういふ人にはまぁ「草津温泉で湯もみに使ふ櫂だと答えておれ」と云ふ。

相変わらず寒い日々が続いてゐるが、そのせいなのかなんなのか、ウチのアパートが断水なさった。
前も一度 大雪の日に同じ事があったのだが、水回りの弱いアパートである。古いからねぇ・・。でも困ったね。風呂にも入れぬし、水割りも作れぬ。

他の住民は・・・と思って外に出てみたが、電気が点いてるのはウチだけで、あとの人々はとっくに寝静まってゐるやうだった。やれやれやれやれやれ。

2月8日(木)--------

いちをう起床時には水が出るやうにはなってゐたが、どーにも水圧が低く、こらぁナンボもせぬうちにまた止まるな、と思ってゐたら、やはり昼前を待たずにまた断水。

水が止まったアパートなんぞ、暮らしにくくて仕方ない。
ので、早めにスタヂヲに行って練習なんぞ。

生徒の家でも、便所の水が凍ったり、会社の水が出なくなったり、と色々あったやうだ。先月ワシらがえらい目に遭った北陸の各地でも、まだ相変わらずの混乱が続いてゐる模様。
げに、長き寒さの冬である。

まいに ち 吹雪 吹雪 こぉりの せか い〜〜〜♪

2月9日(金)--------

ワシが教室を構えてゐる スタヂヲ ジモの頭首、藤本よりお氏が、こたび韓国はソウルでライヴを演る事になったらしひ。
とは云へ、奥方である染色アーティストマリコ女史の個展に同行する形で、そのオープニングにレセプションとして、ギターソロを演る、といふ事のやうだ。ついては、海外に楽器を持って行く時にどぅすれば良いのか?をワシに訊きたい、と。

2008年にメキシコで演奏する事になった時、いろいろ迷った。
ベストな楽器で演奏したい思ひと、ベストな楽器を持ってく危険性、の狭間でづいぶん揺れ動いたものだった。結果的にワシは、自分のメイン楽器を帯同し、幸いな事になんのトラブルも起きず、全行程を終えることはできたが、海外公演に自前の楽器を帯同するリスクは、正直大きい。

旅慣れた人に訊けば 「行った先で安い楽器を入手し、用が済んだら売って帰る」のがベストなのださう。しかしまぁこれは相当に旅慣れた人に限って、だらう。普通はさうも行かぬ。
よりお氏には「ネックとボデーをバラして大型のスーツケースに入れて行けば?」と勧めてみる。

でも、いいなぁ、韓国で演奏か。
メキシコ以降、海外で演奏する機会はまだ訪れてない。しーシュでWOMADとか出れたら最高なんだけどねぇ。

18222676_1361470857269130_8627051116631494796_n.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR