FC2ブログ

私は君たちには信じられないやうな光景を見てきた

6月23日(土)---------
IMG_2693.jpg

しーシュのがっつりリハを3時間。

しーシュを演るぶんには「声変わり」もそれほど気にならぬ。むしろしーなさんの声との対比としては、これぐらいガサガサしてゐる方が「売り」としては悪くない。やうに思ふ。

だいぶ昔にロブバードといふロックバンドがゐて、美しいコーラスを売りにしたトリオだったが、そのうちの一人はびっくりするくらいハスキーな声の持ち主だった。これが他の声と混ざるとぢつに良いかんぢのハーモニーを成したものであった。
ワシもさうなれば良いと思ふ。

ただ、今まで出てゐた高音域へのアプローチができないストレス、といふは、他人が思ふ以上に大きいのも確か。
しーなさんは「(高音域が出ないからといって)それであなたの歌の魅力が損なわれるわけではない」と云ってくれてゐる。デュオで活動できることと、その相方の深い信頼に感謝。

6月24日(日)江田島 沖見サンセットビーチ:SEiREN ヘルプ--------

妖艶な歌姫 前田トア率いるSEiRENのサポートとして、去年も参加した「Sea to summit etajima」といふイベントへの参加。

去年はピーカンもピーカンで、日差し遮るなにもない炎天下の野外ステージにおののき、事実もり暑いイベントだったが、今年はやや雲があり、暑いことは暑いがなにやら風は涼しく、わりと野外イベント向き、な日になりさうなかんぢ。
去年は衣装、楽器その他 一切合切を忘れてきたトアちゃんの話で盛り上がりながら、メンバー4人車一台にギューづめになって島へ渡る。

ライヴのニッチがいまいち「?」なイベントであるが、どーやらマリンスポーッのナニかが二日間江田島を舞台に行われてゐて、それの表彰式のレセプションとして、のライヴであるやうだ。SEiRENのファン有志がここに「場」を作ってくれてゐる様子。
IMG_2001.jpg

リハの時のブログにも書いたが、今回はパーカッションに久保田雅文さんがゐて、トリオだった前回よりはリズムアプローチが楽。前回もなんやかんやで割とノリノリで弾いたのだが、けふもそんなかんぢで、予定にないヴォイスまで急遽ねじ込んでトアちゃんを慌てさせたりもした(トアちゃんは気に入ってくれたやうなので良しだらう)(笑)。

終演後は有志の皆さんに招いてもらひ、手作り料理のパーティーのご相伴に預かる。
車なので酒が飲めぬのがアレなのだが、瀬戸に沈む夕日をバックにみな思ひ思ひにくつろぎ、旅人が皆ここを気にいる、といふ江田島の、『さうかもしれんな』と思はしむるゆったりした時間を楽しんだ。

わりと「太陽がいっぱい」な1日であった。楽しかった。
トアちゃんに感謝。
IMG_2018.jpg

6月25日(月)---------

サッカーのナニかが進行してゐるやうで、一部世間が盛り上がってゐる。

しかしまー、過去に色々あったマジョリティの中で、これほど自分の中の興味を駆り立てぬものも珍しい、と云へる、それほどまでにサッカーに興味がない。本当に、ひとかけらも・・・。

だがワシは、ぢつを云ふと餓鬼の頃 ホンの、ホンの一瞬、少年サッカーチームに属したことはある。あれは何故だったのか?・・・。多分、好きな子がサッカーが好き とか、そんな事だったのだらう。あるいは少年は皆が野球をやるものだ(1970年代当時)、と云ふ社会事実に反発したかったのかもしれない・・。

ルールも何も分からず、ただ自分の前に来たボールをどっちかに向かって蹴り飛ばす、といふ事をしてゐただけだった。
そんなものが楽しいハズがない。多分、半年も在籍せなんだのではなかったか?。

まぁスポーッは勝敗が全てなので、勝ってゐるのなら、まぁ良かったですね、と。

6月26日(火)---------

この春で高校三年生になった生徒が、いょいょ受験に本腰を入れるために、本日付で我が教室を退会した。
親御さんがやって来て、ワシと教室事務所にひとつづつ菓子折りを置いて帰ってくださった。今どきかういふのは珍しい。

昨今、退会するその日、最後のレッスンにあっても、日頃のレッスンとまっったく変わらず、「お疲れ様でした」と帰って行く、といふケースも多い。もちろん「お世話になりました」の一言も「お元気で」もない。むしろ本日退会、といふ日にレッスンに来る、といふケースが珍しい事であったりもする。

まぁもぅ25年、この仕事をやってゐるので、さういふ事にも慣れはした。それに疑問を感ずる事が虚しい、といふ事もよく分かった。生徒との心の交流を目指してこの仕事をしてゐる訳でもない。

だが、中にはちゃんと心を通わせることのできる生徒も居り、まぁさういふ関係は、退会後も続く。数は少なくとも、時折ある「それ」を、大事にする人生ではありたいと思ってゐる。

6月27日(水)隔月ソロ企画「吟」第三回 @ふらんす座 ---------

3回目となった孤独な隔月企画「吟」。

朝、注文してゐた変な色のギタースタンドが届き、これもけふの初お披露目、といふことで帯同することにす。
けふはベースのほかはバリトンギターのみ、特に奇も衒わず演ることにして準備。独りツアーなどで場をこなしたので、だいぶ準備にも慣れてきた感はある。

けふは店主ゴトウイズミが出張のため不在。イズミちゃんから「代わりにスゴ腕のPAを雇いました」と連絡があり、ほぅ、と思って現場に入ると、旧知のWADAさんだった。なるほどこらぁ心強い。

けふはいつにも増してつらつらと淡々と弾き語った。全16曲中8曲・・・・、半分をギターで演り、まぁそれがどぅした?みたいな話ではあらうが、だいぶ満足した。「声変わり」後初めてのソロのワンマンだったが、まぁ、なんとか・・・。
しーなさんやカワちゃんの歌を演ったりもした。

この隔月ライヴも3回目となり、順調に動員は減ってゐるのだが、毎回足を運んでくれる常連のお客様には、ホンマに「みんなメシ奢るぞ!」と云ひたくなってしまふ。本当にありがとう。このまま動員が減り続けてゆくのかもしれんが、公約通り今年いっぱいは続けやうと思ふ。
IMG_2695.jpg

ライヴが終わるとお客さんはみんなすぐ帰ってしまひ、片付けも慣れたもんですぐ終わり、そもそも独りだし、ましてや車で来てゐるので酒飲んで行くわけにもいかず、まぁ侘しいがスゴスゴと帰宅す。まだ22時をまわったばかりで、女房が「えらい早いね」と云ふ(笑)。まぁねぇ。

6月28日(木)---------

ワシもチョイと注目してゐる稲森亜美といふ女性タレントが、中学生野球の始球式に出演し、球児達に襲われかけた、といふニュゥス。
まぁ襲われた、といふのはアレだが、一歩間違えれば・・・といふ状況だったのは確かなやうだ。

まぁこれは間違いなく主催者側に責任があるだらう。
中学生男子、と云へば「性欲で出来てゐる」と云っても全然云ひすぎではない生物だ。日々頭を占めるのは「性」と「異性」と「妄想」ばかり。こは野球少年もゲーム少年も同じだ。真面目も不真面目もない。そこでは個性すら関係ない。ことその部分に関しては、ヒトと思ってはいけない。

さういふモノの前に、やや可愛くて、スタイル抜群で、生脚もあらわな、しかも野球を嗜む女性タレントが出て来て、ともすれば接触可能、となればもぅ・・・ね。
主催者側はサービスかなんかのつもりだったのか知らんが、認識の甘さを感じる。欧米ではかういふ事で、タレント側が致命的なダメージを負ってしまったケースもある。

ご本人は「いやらしい事をされた訳ではない」と、スポーッ系女性らしい奔放さで少年たちを擁護した(この記事も事実かどーかは怪しい)やうだが、ちゃんと告訴した方が良い事案ではある。彼女が野球を愛する女性であるならば、なをさら・・。

6月29日(金)安芸市民病院サロンコンサート---------

ドラムスの石井聡至の導きで、安芸市民病院緩和ケア病棟にてサロンコンサート。

さとしの母上様がここに入院されてゐる。
母上は、何度かワシのライヴを目にしておられ、ワシの歌をたいへん気に入ってくれてゐる、と聞いてゐた。
その歌を ここで母に聴かせたい、と云ふさとしの思ひに、ワシは一も二もなく引き受けた。

この話を頂いた時、やはり緩和ケア病棟(別の病院)で息を引き取った我が父親のことを思った。あの場所でワシは親父に歌を聴かせてやる事も出来たはずなのに、との思ひだ。
その分までも、といふ気持ちで、けふはライヴに挑むことにした。

ギターだけを小さなアンプで増幅し、歌は生声で。母上からのリクエストも含め、懐かしい昭和歌謡でラインナップを固め、MCもあまり入れず、つらつらと30分ほど、歌わせて頂いた。
声が不調をきたす前であらば、全然自信を持って挑めた現場であるが、けふの出来のほどは分からん。こんなシワガレ声でしか歌えなかったことが、悔しい、と云へば悔しい。

さとしの母上、それから入院しておられる患者さん、病院スタッフ、お医者さんたちの、安らぎに少しでも力が貸せたのであらば、これほど嬉しいことはない。願わくば、患者さんたちにこれから先 一つでも多くの安らぎと至福がありますやうに。

けふのライヴをやらせてくれたサトシにも、心から感謝を。
RIMG4138.jpg
スポンサーサイト

この話はそもそもあなたから聞いたのだ

RIMG4515.jpg

6月16日(土)ソロ車中泊ツアー山口編:下関T-Gumbo ---------

さて、庄原〜津山行で味をシメたひとり車旅の第二弾。
毎年6月の第三火曜日は、宇部市Big Hipの「華麗衆ナイト」に出演する旅程を立てるのだが、今回はそれを拡大する形でツアーを組んでみた。せっかくなので華麗衆のリーダーでありベース&歌の小田よぅねんとのダブルツアーにせんとす。

初日はワシがブッキングした下関T-Gumbo。
前回しーシュで来てなかなか盛り上がったのだが、今回はソロにていかに?。

例の「声変わり」をいかに対処するか、も今回のソロツアーのテーマ。
色々と鑑みるに、力任せ、といふかなんていふか、むやみな高音域へのアプローチに頼り過ぎてゐたきらいはある。それを戒める良い機会かもしれぬ。もっとメロディを大事にする、といふ意味でね。

けふはそんなかんぢで、日頃はクアっと声を張り上げて、まぁこけおどしのやうな、云はば『上手いだらう?』的にアプローチしてゐた部分をグと抑え、中音域の声の出し方にこそ気を配ってみた。
えぇところで掠れはするのだが、もともとかすれ声は求むるところ。「夜明けの海ごっこ」のやうなブルージィなナンバーは、むしろ味わひ深くなり、我ながら良かったりす。

例によってあまり構成を決めずに始め、ギターに持ち替えたりしてつらつらと45分くらい。よぅねんが録画してくれてたみたいなので、あとで確認してみやう。
お客さんは、古くからあるワシのファンでゐてくれる下関近郊の方々と、お店の常連で八割型は埋まるかんぢだった。
うむ、初日なかなかの滑り出し。
t-gumbo.jpeg

地元対バンストライダーくんご夫婦オススメの洋食屋で、ファンの皆さんも交えて打ち上げ。
本来、それほど知人のおらぬ街の、ローカルな店で、その日会った人たちと酒を飲み、飯を喰ふ。「これよ!」と思ふ。
一人旅の醍醐味、これに極まれり。

誤算。
意外に駐車料金の高い下関。タダで停められる場所があるだらう、くらいに考へてゐたので・・・。
よぅねんも車で寝て帰る、といふので、少し歩いたところにある、24時間営業上限¥700の市営パーキングを、今夜の宿とす。一晩じゅう明かりが煌々と点いてゐるのがナンだが、まぁトイレも洗面台もあるし・・・。

6月17日(日)ソロ車中泊ツアー山口編:萩 陽だまりガーデン ----------

朝6時、ぶぅおぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んン〜〜〜、といふ船の汽笛で目が覚める。てゆーか、なんかあんまり眠れなんだな。7時を過ぎると追加料金が発生するので、まぁ眠いがとりあへずパーキングを出る。よぅねんはとっくに帰ってゐたやうだ。

けふは萩。下関〜萩は、順当に行って2時間程度、か・・・。あまり早くから出発してもネー、と思ひつつ「さうだ市場に行ってみやう」と思ひ立つ。下関と云へば唐戸市場。西の海の玄関口である。ガイドブックにも『朝6時からふぐ鍋が食べれる!』とある。

さすがにふぐ鍋は要らんが、刺身や揚げ物、寿司が売られてゐるのはありがたい。よし、朝寿司定食、だな。
まぁこれも観光客を相手にした、よくある商売法のひとつなのだらうが、色とりどりの寿司が並んでゐるのは楽しい。5ツほどチョイスしてトレーに並べてもらひ、海辺に出て風に吹かれながらの寿司朝食。イイネ。
RIMG4485.jpg

本州の最西端をぐるっと回る国道ルートを選択し、山陰へ向けて走る。角島やら、あの辺の景観の良い場所をのんびり観ながら行こう、と思った。
が!
「ツールド下関」とかいふイベントをやっており、これがワシが行こうとしたルートと見事に重複してゐた。しかも一般道を交通規制もなくやりやがるもんだから、当然、交通は大混乱。狭い沿岸の道なのでダンゴになって走るチャリの集団を追い抜くこともできず、あちこちで渋滞が起こってゐる。景色に気を取られてゐたらチャリも轢いてしまひさうになる。これはたいへん迷惑だ。
なんでこんなイベントを思ひついたのかね?下関。

な訳で、角島観光も温泉も諦め、まづは長門まで行ってしまふことにす。8月の自主企画イベントの話もしたいので、と向津具のパタ屋に寄ってみるも、オーナーのヒナ兄は不在で、店の鍵も閉まってゐる。アレでも昼過ぎには来るかな?と思ひ しばらく昼寝しながら待ってゐたのだが、どぅにもけふはホンマの「休日」らしひ。
ヒナ兄に会うのを諦めて、そのまま萩へ。萩といへばワシらが演るのはだいたい二箇所「藍場川の家」か「陽だまりガーデン」。けふは陽だまりガーデンでのライヴとなる。

萩に着くと、会場入りまでしばらく街を散策。座って運転ばかりしてると腰にも悪いし、なにより身体もナマる。萩に来たら大抵お世話になるゲストハウスの前を通ったり。チラとオーナーの顔が見えたが、けふはご用はありませんので・・・。

さて、けふのライヴはよぅねんが企画してくれたもの。あまり詳細が分からずにゐたのだが、よぅねん自身もあまり詳細を決めておらず、まぁそんなだから宣伝も行き渡らず、集客は正直 寂しいものとなってしまった。
だが、宇部から駆けつけてくれたよぅねんの相方おぅにし君と、地元から参戦の軍曹の久々に聴いた歌にも触発され、なかなか良いライヴができた。

RIMG4502.jpg

えぇ事ではないのだが、お客さんが少ない時に限って、割と良いライヴが出来たりするんよねぇ〜〜〜。
漢気の強いよぅねん、けふはしきりにそれを申し訳ながってゐた。どんまい。宣伝に協力できぬワシも悪いのだ。

けふの「宿」は陽だまりガーデンのお庭(笑)。オーナー山縣さん「店のドアは開けとくので、トイレとか洗面台とか自由に」と。感謝しながら眠りに就くも、どーやら「蚊」が一匹紛れ込んでおったやうで、こやつの襲撃に苦しむことに・・・。

6月18日(月)ソロ車中泊ツアー山口編:移動日&オフ ---------

ゆんべはよぅねんが帰ったあと、山縣さんとワインをしこたま飲み、そのまま寝た。ので、蚊の襲撃にしばらく気づかず寝てゐたやうで、「ぬ!?」と思って目覚めた時にはすでに数カ所 血を吸われたあとだった。くそ〜〜〜。

な訳で、目覚めた時にはわりと深刻な二日酔い状態。
けふはまぁ宇部に前入りしておくだけなので、ゆっくりするか、とまづは海岸まで行って、しばらく休む。2時間くらいゐたが、ぬーあんまり良くならんな・・・。
挨拶も兼ねて「藍場川の家」へ行き、スパイスたっぷりのチャイをいただく。これでだいぶ楽になった。
RIMG4511.jpg

昼過ぎる頃には食欲も出て来て、また宇部に向かう山越えルートの途中に、えぇかんぢのパーキングがあったので、そこでコンロに湯を沸かし、カップラーメンで昼飯とす。どぅせ今夜は宇部でよぅねんと宴会なので、質素な昼飯で充分。
そのままそのパーキングで寝たり、ギター弾いたりして夕方まで過ごした。車旅の最大のメリットですね。

今回、痛恨のミスは文庫本と老眼鏡を忘れて来たこと。
一人旅の間はネット社会から離れるので、唯一の娯楽が読書。ちょーどオモロいのを入手したばかりで、旅の間にあれが完読できれば最高だったのにや。それに老眼鏡がないので、地図もよぅ見えん。くそ〜〜〜〜。

さて、夕方宇部に入り、よぅねん宅を訪ねる。3歳になった双子の息子たちが、年に一度しか会わぬワシに懐き、じゃれまくる。わりとたれにでも懐くコたちださうだが「この懐き方は異常」とよぅねん。

よぅねん、日中の仕事で疲れており、明日もライヴ前まで仕事なのださう。
近所の居酒屋で飯食って酒飲んだら、もぅそのままおやすみ、のコース。ワシも寝不足解消にはその方が都合よく、また二日ぶりの「ちゃんとした寝床」で寝かせてもらひ、は〜、といふ気分。

6月19日(火)ソロ車中泊ツアー山口編:宇部BigHip 華麗衆ナイト ---------

さてけふはひとりツアー千秋楽、毎年恒例「華麗衆ナイト」への出演だ。
ぢつはちょーどしーなさんが里帰り(彼女は宇部出身)してゐて、ツイデだから一緒に演る?みたいな話になった。

しかし烏滸がましくはあるが、この毎年6月のワシの参加を心待ちにしてくれてゐる人も多い、と聞く。そこにいきなり「しーなとシュウ」のも なんだかネ、といふ事で、けふは梶山シュウ with Cで行くことに。(未知の人のためのメモ:梶山シュウ with C とは:基本ワシのソロにしーなさんがピヤノ以外のあれこれを使って色を添えるバンド内デュオの一形態。他に「椎名まさ子と執事フライデー」などがある)

ライヴが始まる頃には大雨となった宇部だったが、その中をどんどんお客さんが集まってくる。あちこちから「シュウさん」と声をかけられ、楽しみにして来たよ、と云ってくれる。落とせぬ!。

けふは他出演者がとみに濃い人たちだったので、どのやうにすべきか直前まで迷った。で、結局ソロでまづ派手めに「トゥアタラ」をカマし、2曲めで一気に落としてマイクなしの「海ごっこ」。これの二番で会場からピヤニカを吹きながらしーなさんが登場、といふ流れとす。これで一気に掴んだ。あとはもぅフツーに。せっかくなのでしーなさんの歌もフィーチャーし、「アルフォンシーナと海」も演る(この曲はベースのみの伴奏の極み、でもあるのだ)

いや〜素晴らしいライヴができたやうに思ふ。ラストはベースのルート音のみの弾き語りで「What a wonderful world」を演ったのだが、歌い終わりとともに会場にため息がもれたのを、ワシが聞き逃さなんだぞ!(笑)。たいへん良くできました、のライヴであった。
35737663_1763899197037504_8064569369105006592_n.jpg

よぅねん達との交流のおかげで、ここ数年は出身者のしーなさんよりも、宇部に馴染んでゐるワシである。毎度思ふがよぅねんやその仲間達のやうに漢気あふれるヤツらに、兄貴のやうに慕ってもらってゐる事実を、心して受け止めておきたいのだ。彼らの懇意に恥じぬやうなオトコであり続けねばならない、と思ってゐる。

6月20日(水)---------

帰る前に子供らに会ってから、と思ってゐたのだが、熟睡してゐるうちにもぅ幼稚園に行ってしまったやうで、会えずじまい。ありゃりゃあ、しまったな。順当に行けば次に会えるのは来年、4歳になってゐるハズで、まぁそれを楽しみにしておこう。

今年もまたよぅねんには本当に世話になった。
来年もまた、と云はれ「おうよ」と答え、広島への帰途につく。

一人旅の原則に従い、高速を使わず全て一般道を使い、約4時間で我が家に着。さっそく洗濯機を回し、旅の間の洗い物など。

夜は久しぶり、妖艶な歌姫前田トアのユニットを手伝う、ののリハに。去年も演った離島での野外イベントへの参加のため。なぜかこのイベントにはワシを呼んでくれるトアちゃんである。前回はギターのシュレック川本氏とのトリオ編成だったが、今年はパーカスに久保田雅文さんがゐるので、リズムアプローチがだいぶ自由度高くなる。

旅帰りでイキナリ3時間のリハ、は流石にしんどかったね。

6月21日(木)--------

入院してゐるオフクロを訪ねて行く。
医学的処置はすべて施された上で、まだ痛い痛いと嘆いてゐる。神経痛なのだ。
しばらく我流のマッサージをしてやると楽になった、と云ふので無理やり立たせ、歩行訓練をさせる。介護士に怒られちったけどね・・(笑)。

その後レッスン。
日中蒸し暑く、夜冷えるこの季節、生徒や友人に体調を崩すものも多い。かく云ふワシもこの時期喘息が起こり、声が出なくなるパタンが通例化しつつある。今年はなんとか耐えてみせるぞ。せっかく珍しくいっぱい仕事が入ってるんだからな。

6月22日(金)---------

岡山の朋友 ベーシストみじぃこと水本 和秀氏が、バンドのツアーで広島で来る、といふ噂を聞きつけ、なにも云はずに観に行く。会場はスマトラタイガー。

何の予備知識もなく行ったのだが、なんかアニソン系のイベントだって、みじぃのバンドも他の出演バンドも、それ系の音。まぁアニソン系など下手くそでは出来ないジャンルなので、どのバンドもみなテクニックは申し分なく、意外なほど楽しめた。

特にみじぃのあまがみJAWSといふバンドは、岡山のトップ・プレイヤーが終結した、といふ趣きで、圧倒的な実力を見せつけてくれた。

会場にゐるワシに大層驚きながらもたいへん喜んでくれ、サプライズの甲斐はあったな、といふもの。
同じ、地方都市の職業ベーシストながら、ワシなんぞより遥かに安定した仕事を回してゐる水本氏。人望とはかくありきか、といつも思ふのである。

思ひのほか、楽しい夜となった。また飲みすぎ。
まぁ明日はリハのみなので・・・。
RIMG4520.jpg

夜のクロール

o1080080714211783905.jpg

6月11日(月)---------

旧友であり、しーシュをはじめ、ここ数年ワシのレコーディングの全てに深く関わってゐるエンジニアでもあり、また頼りになる相談者でもあるところのカズイこと数井政彦が、なんと数十年ぶりにライヴす、といふのを聞きつけ、呼ばれてなかったが見に行く。

2年前、ワシの生誕祭ライヴに数曲参加してくれたのが 数十年ぶりの人前演奏、とのことだったが、歌うのはあれ以来のことらしい。どげなライヴをするのかいな?と思ひ、見に行くと、ちゃんとバンドを従えた立派なパフォーマンスだった。
バックを勤めしメンツはよぅく知ってる友人ら。ベースに中野チカラさん、ドラムスに折田シン、ギターはなんと、これまた旧縁深し、かつてSouth side avenue bandで共に青春を過ごした永利竜己だった。

本人が「まだリハビリ中」と云ってたやうに、全体的にも、また個人としてもバンドとしても確かに色々とアラのあるライヴではあったが、いたく感銘を受けたのも確か。MCでは何度もワシの名前を出し、歌詞を提供した歌を歌ってくれた。

旧友として誇らしい、良いライヴだった。
頑張ってゐる同い年の男が、そこにゐた。

「お前はどうだ?」と云はれたやうな気がした。
家まで歩いて帰りながら、づっと考へてゐた。
ワシはどぅなのか?。

6月12日(火)---------

「マザー!」といふ映画を観た。

ナンとも悲惨な映画で、聞けば各地で公開中止になってゐるいわくつきの作品、なのだとか・・・。
ナニが悲惨、って、物語の全てがメタファー(暗喩)なのだが、これが聖書を下敷きにした、まぁ要するに「神」と「地球」と「人間」といふものの矛盾と混乱・・・よぅするに、ど〜にも性懲りもないニンゲンといふ不完全な存在と、神といふ絶対存在が求める理想の乖離を、ホラー映画に置き換えたシロモノなのだ。

欧米ではやはり「宗教」や「信仰」と、人生を切り離せぬテーゼのやうなものがあるらしひ。
そは、日本のある種のミュージシャンが、政治的な言動やスピリチュアルな行動と音楽活動を切り離せぬことと似てゐる。

そらぁ分からんでもないが、生まれたばかりの赤ん坊が、無思慮な群衆の無思慮な行動により惨殺されてしまふシーンなどは、さういふ描写に寛容なワシですら、気分が悪くなった。なるほどこれは「原罪」の暗喩である。良くできてゐるし、悪い映画ではなかったが、二度と観たくない。

6月13日(水)---------

久しぶりに仏区尾譜に寄ってみた。
欲しい文庫本があったので、それを探して・・・。

目的のものはゲットできたので、あとはつれづれに店内を見て回る。
したら、楽器のコーナーに オヴェーションのアダマスがあった。しかも二台・・。

こはどーした事か?

オヴェーション・アダマスは、ワシがアコギ奏者として現役を過ごした80年代当時ですら、かる〜く100万を超える値が付き、自分で所有するなどあり得ぬ「エレアコの頂点」であった。
それがなぜこんな、楽器店でもない店に二本も!?。

まぁ今はアダマスと云へどもアメリカ製のものは少なく、法外に高価な楽器ではなくなってゐるが、見たところそれほど悪くなささうなアダマスが、4〜5万でここに。二本ともスティール弦のモデルだったが、あれでガットのが出てゐたら、衝動買いしてゐたかもしれんな。
ん〜〜〜〜〜・・・、仏区尾譜、おそるべし・・。

6月14日(木)---------

古い映画だが、「刑事ジョン・ブック/目撃者」といふのがある。

アーミッシュ、といふ信仰共同体をファクターにした、若きハリソン・フォード主演のサスペンスなのだが、この映画の中で、アーミッシュの女性が、働く男たちにレモネードを差し入れするシーンがある。

レモネード。

スヌーピー、およびピーナッツ系のコミックでもしばしば見かける飲み物。名前だけはむか〜しから耳にするが、実際あまり、『はいこれがレモネードです』といふ形で見た事がない飲み物ではある。
文献を紐解くと、レモンの果汁と砂糖、水を合わせたごくシムプルな清涼飲料のことを云ふらしひ。

ちょうど家にポ○ッカレモンがあったので、それを蓋つきのカップに適宜注ぎ、砂糖を適当に入れ、水と氷を加えて蓋をして、じゃかじゃか振って混ぜ、飲む。

うまい。
これは良い。
ジョン・ブックになった気分である。

6月15日(金)--------

久しぶりにしーシュのリハ。

作曲のスランプに悩んでゐたが、ここ数ヶ月でナニか堰が切れたやうにポコポコっと曲が書け、それを完成させるリハとす。どれも割とポップな曲で、えせニック要素もプログレ要素もない。
まぁさういふ時もあらぁな。

最近、魅力的な中年〜壮年の女性に『歌詞が素晴らしい』と褒められる事が多く、そはとても嬉しいし誇らしい。
若い娘100人にウケるより、はるかに力強い賛辞だと思ふ。

また、かういふことを思ふから、スマッシュヒットが出せんのだらうな。

IMG_2644.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR