FC2ブログ

住めば都の大都会

11月23日(金/祝)--------

夕方広島に着く飛行機に乗って、すっかり寝こけてゐると「ドガン!」と着陸。
空港から市内に向かうバスが事故渋滞にて遅れてゐる。けふはレッスンを入れてゐて、一旦帰宅してゐると間に合わぬので、空港から直接スタヂヲへ向かう。

生徒さんもよく分かってくれており、「今帰って来たんでしょ?」と。
レッスン後は家までの送りも申し出てくれ、ホンマに助かった。良き生徒たちばかりで幸せなセンセイである。

11月24日(土)薬研堀夜市第10回スペシァル版 --------

しーシュ地元隔月企画 薬研堀夜市。
10回目を迎え、初めてのゲストを招いての企画とす。記念すべき初ゲストは、三次のナイスミドル・トリオ竹弦教

・・・が!
竹弦教の「教」、パーカッションのNoriさんが、直前の怪我により出演が不可能に。
竹弦とワシらをつなぎ、真っ先にコラボを提案し、前回の三次でのコンサートとけふの企画を、たれよりも楽しみにしてゐたのがNoriさんだけに、もぅかける言葉もないくらいお気の毒である。

まぁ、全快の暁にはしっかり仕切り直すぞ!との思ひも込めて、けふはNoriさんの分まで、と皆で決意。

Micaちゃんといふコーラスをサポートに迎え、竹弦はウチが霞むくらいの勢いで演ってくれた。その甲斐もあり、たいへん素晴らしいライヴとなった。久しぶりにjiveが満席。ケンソーさんの爆笑MCも冴え、またしーシュとのコラボも前回を上回る出来で、三次での手厚いもてなしのお礼が返せたかな、といふ気はしてゐる。
ま、ホンマに、Noriさん快癒には改めて、もっと派手に演りませう。
46804822_187108572242101_1961172154292633600_n.jpg 46770537_10210936560244989_2900465928376418304_n.jpg


打ち上げでもケンソーさんの爆笑トークはさらに勢いを増し、もぅ腹が痛いくらい笑った。ワシら正直 旅帰りすぐ、で疲労困憊。明日もちょいと諸用ありてやむなく2時には退散したのだが、どーやら彼らはその後さらに明け方くらいまで、流川を彷徨ってゐたやうだ(笑)。元気だなー。

11月25日(日)--------

我らの北海道や東北、北関東部のツアーをコーディネイトしてくれてゐる 佐藤さつきさん。
現在、北関東に在住の彼女、今年で本土を引き上げて北海道に帰郷なさるらしい。その前にぜひ地元でのしーシュを見たい、と昨日の薬研堀夜市を訪ねて来てくれた。

いつもホンマに並々ならぬお世話になってゐるワシら。
けふはそのお礼も兼ねて、さつきさんの広島観光をワシらがコーディネート。原爆ドーム→平和公園→広島平和記念資料館→宮島、といふ黄金コースを巡り、お好み焼き、あなご飯、各種牡蠣料理、などを召し上がっていただく。

いつもお世話になってゐるのの半分にも満たぬやうなお返しだが、さつきさんが広島を気に入ってくれたら嬉しい。
秋空深く晴れわたり、絶好の観光日和でもあった。
深まりゆく秋の、奇跡のやうに美しい壱日であった。
IMG_3346.jpg

11月26日(月)さとしとシュウ:はじめてのお使い その二 --------

我ながら忙しいことにけふもライヴ。
売れっ子ドラマー石井聡至との超フォークデュオ「さとしとシュウ」の1年半ぶり2回目のライヴ。
一部好事家にたいへん好評で、再演を求む声も高かったデュオ。いかんせん二人のスケヂュールが合わず、突貫的に朝リハを入れ、本番に臨む。会場は十日市のショットバー「フラミンゴ」。

前回はガットギター1本で通したワシ。今回はバリトンとの二刀流をマイクロアンプで補佐的に増音。サトシはちーさなドラムセットをブラシで演奏。ふたりとも歌はナマ声で。

前回は1曲だけ歌ったサトシも、今回は3曲リードヴォーカルを取り、コーラスにも積極的に参加。サトシが歌うたびに会場は大ウケであり、いいなぁ、と(笑)。ワシも声の調子が良く、気持ちよく歌えた。
フラミンゴは、ガラス、コンクリ、木材のバランスが絶妙らしく、生声がとても良いかんぢに響く。ソロでも演ってみたいなぁ、と思はしむる会場。
satoshu.jpeg

客席はミュージシャンが半分くらいだったが(笑)、皆楽しんでくれたやうで良かった。
みんなありがとう。サトシにもお疲れさま。

そのあと、ツイデなのでギターと機材をスタヂヲに仕舞いに行ったのだが、生声で3ステージ歌い、2本のギターと、ちぃさい物とは云へアンプを抱えて5階までの階段を登るのは、流石にシンドかった。さういふ年齢になったのだ。

11月27日(火)--------

我ながら忙しいことに、朝から諸用ありて、車で広島市内〜廿日市〜五日市を彷徨。
どっかで安い定食でも・・と思ふが、一旦帰宅してカレー味のチャーハンを作って喰ふ。多分こっちの方が美味い。

夕方からレッスン。その後ぱんぱかトリオのリハ。
12月のKOBAでのライヴではいょいょ「あをぞう( Zo-3ベース)」を使ってみるかな。

11月28日(水)-------

我ながらよく動くことに、向原への出張レッスン。
今月は旅が多かったわりにはレッスンも多く、まぁまぁな仕事量なのではないか、と。

時間に追われるやうに30分単位のレッスンを回してゐた頃に比ぶれば、ひとりひとりに十分な時間と余裕をかけてレッスンができる今の方が、効率よく働けてゐると思ふ。いかにあの頃、大手機構の「薄利多売」のセオリーに巻き込まれてしまってゐたか、である。仕事量は今よりはるかに多かったにも関わらず、全然稼げてなかった30代。
あな おそろしや。

11月29日(木)--------

よーやく通常の生活ペースに・・。
楽器の練習をし、ロードワークで汗をかき、久しぶりに作曲にも没頭す。
ちょいと前から、これも久しぶりにインストゥルメンタルの曲を書きたいな、と思ってゐて、けふはそれにトライ。

インストの曲は歌詞にウェイトを取られぬぶん、アイディア先行で創作を進めて行けるメリットがある。
ギター、ベース、鍵盤、ループを交互に使いながら五線譜を埋めて行き、約2時間でなん年ぶりかのインスト曲が完成。まだタイトルもなく、どう演奏するかも未定だが、まぁとにかくまた壱曲、書けた。

11月30日(金)--------

最近、もっとも気に入ってゐるミュージシャンに、ムニール・ホッスン(Munir hossn)といふのがおる。ブラジリアン。

アルフレッド・ロドリゲス(pf)のトリオにゐる人物で、基本ベース弾きなのだが、ギターも超絶に上手い。てゆーか、ギタリストとして活動してゐる局面の方が多い人なのかな?。ライヴではいつもギターをスタンドに装着して、肩からぶら下げてるベースと交互に、あるいは同時に弾いたりして、イラっとするくらいせわしないフレーズを連発して来る。

合ってるやうな合ってないやうな鼻歌を口ずさみながら弾く、生まれ落ちた時からの「陽性」を感じさせる音楽家だ。

同じやうなマルチなアーティストに、アルゼンチンのペドロ・アズナールが居り、これは逆に天性の「気品」を感じさせ、あくまでもクールに流麗な演奏を聴かせる。
いづれにせよ、イヤんなるくらい上手く、その音楽性も素晴らしい。

しかしまー、南米の音楽家の、どんだけ?と思ふほどのレヴェルの高さよ。
なにをどーすればこのやうな音楽家が育つのか?。育つ土壌が出来上がるのか?。
少なくともなんとかスクールとかなんぢゃら養成所、のやうなところに親の金で行って同い年くらいの仲間と遊びながら発表会のステージをこなして・・の末に生まれるものではないだらうことは確かだ。

まぁ南米、と一括りにするには、デカすぎるんだけどね。
スポンサーサイト

とてもぢゃないができない事


11月10日(土)---------

風の強い日にチャリを漕ぐと、なかなか良い運動になる。
最近は「吸気」を鍛えることが、歌うたいにとって重要なのだ、といふことらしひ。
さういふグッズもあるさうだが、ワシは今まで通り、坂道をダッシュしたり、息を止めたり、で鍛える。
RIMG6305.jpg

11月12日(日)---------

ちょいと電車に乗って旅に出た。
スイカはかういふ「目的地を決めずに電車に乗る」といふ事ができるので、良い。
降りたことのない駅、に降りるだけで、そは立派な「旅」となりうるのだ。
RIMG6341.jpg

11月13日(月)--------

超フォークデュオ「さとしとシュウ」の2年ぶりのリハ。
ガットギター、スチールギター、フルアコギター、手持ちのギターが全部すこ〜しづつ調子が悪くてイカン。
RIMG6348.jpg

11月14日(火)--------

肉まんの季節。
コンビニで買い、その場で食べる肉まんの、なんと美味いことか!。
酢醤油とからしをくれる店もあるが、あれをどのやうにしてこぼさずに、無駄なく使って喰ふか、も命題。
RIMG6380.jpg

11月15日(水)--------

朝、キリリと引き締まった空気が気持ちの良い季節だ。
ウチは駅にすぐそばにあり、朝、ゴミを捨てに行ったりすると、ホームで電車を待ってゐる人たちが見える。
黒いタイトミニを着けたOL風の女性が、さういふ朝の空気に中に佇む風景は、とても素晴らしい。
RIMG6322.jpg

叶えられなかった願いは過ちなのか

45494927_193698594863534_1064073921336180736_n.jpg
11月1日(木)---------

あれれ?いつの間にか今年もあと二ヶ月、と相成った。
ぐぬぅ・・こないだ年が明けたやうにも思へるのに・・と何回思っただらうか?。そしてこの後何回思ふのであらうか?。

11月2日(金)しーなとシュウ週末遠征 三原はるのんカフェ ---------

しーシュ、2年ぶりの三原への遠征。

三原市は広島市から車で約1時間半。ワシもしーなさんも縁 浅からぬ(それぞれこの街では「教育者」としての側面多し)土地。なのにミュージシャンとしてはあんまり来ない場所・・・まぁ近隣都市てのぁそんなものかもしれんけど・・・。

はるのんカフェは、まさに昔ワシが教鞭をとってゐた楽器店のすぐ隣にある。まぁ、だからと云ってその関係者やもと生徒が来てくれる訳でもないのだが・・・。

けふはしーなさん筋のお客さんに多く来て頂いたやうだが、ほぼ初めての人ばかりで、さういふ意味では久々の三原、良いかんぢに出来たのではないか、と思ふ。ほとんどの人が帰り際に「次回は友達も誘います」と云ふてくれた。はるのんマスター&ママも「もっと頻繁に来ても良いのに」と云ふてくれたので、よーし、足繁く通うか。

三原と云へば「流川タンポポ団」。
けふもOAを務めてくれ、リーダーの「たぬきさん」のお宅は宿泊先にもなる。感謝多謝なのだが、なんかワシど〜にも疲れてゐるやうで、打ち上げの最中に寝てしまひ、その後フロの中でも寝てしまひ、といふ体たらく。ん〜〜〜。

11月3日(土)しーなとシュウ週末遠征 岡山(ダブルヘッダー):音楽始発駅(昼)/MO:GLA(夜) --------

けふはもともと岡山MO:GLAのブッキングを入れてゐたのだが、マスターのサンジさんこと福武三二さんが『昼間もちょいと出るか?』と云ってくださり、本来ならば岡山出身者か在住者しか出れない、といふ駅前イベント「音楽始発駅」に参加できる運びに。
DrDkdi3U8AAhlWg.jpg

駅前、といふか駅構内での半野外ステージで、昼間、しかも晴天の行楽日和、といふことで、会場は人でいっぱい。ワシらはサンジさんと、その息子の福武世史記さん(Gu)の親子バンドOKAYAMA通天閣のサポートメンバーとして出演。

サンジさんは、途中ワシらがメインになる局面も作ってくれ、今夜のライヴの宣伝にも。11月にしては暑すぎるくらいの晴天の陽気の中、楽しく演奏した。

で、夜は移動してMO:GLAへ。
ここでは、これまでしーシュが岡山で構築したファン層が全員出演者となる、といふ展開で(笑)、まぁおのづとベーシストが主賓なかんぢで・・・。

けふのトピックは、みじぃこと水本和秀氏を招いてのツイン・ベースしーシュ。さすが岡山代表ベーシストであるみじぃ氏のプレイは完璧で、初めての共演とは思へぬツインベースぶりで会場を盛り上げてくれた。今回は2曲のみのコラボだったが、全編で参加してもらってもよかったくらいだった。
45320351_1340382196126749_322844599921934336_n.jpg

他にも元弟子「おとーさん」こと朝井裕二や、今回限りでライヴ活動を休止するTAKAちゃんら、並々ならぬ熱演で、サンジさんからも『お前らもっと頻繁に来い』と云っていただき、昨日に引き続き、近隣にこそ、もっと足繁く通わねば、と思った次第であった。

みなさん、ありがとう。

けふも打ち上げの最中に寝てしまふ、といふ体たらく。なにがこんなにくたびれてゐるのか?。

11月4日(日)福王寺まつり ---------

けふはしーなさんの仕事に合わせて、早めに帰ることになってゐる。

が、広島ではHoneysが中心になった仲間らが、福王寺まつりを演ってゐる、といふ事で、ワシは遅ればせながらそれに顔だしてみんとす。

岡山からスっ飛ばして広島に帰り、しーなさんを仕事先まで送り届けたのち、ひとり福王寺へ向かふ。
・・と軽く云ひはしても、福王寺はどぅ頑張っても広島市内から1時間以上かかる上に、最後の数キロは「登山」せねばならぬゆえ、間に合うかな〜、とか思ひつつ、往く。

程よく汗かきながら寺に着いてみると、最後の出演者が歌い始めるところだった。まぁなんとか間に合った、のかな?。
ふるまいモチとか食ったり、知り合いと話したりしてゐたら、「せっかく来てくれたんなら歌って行く?」と云ってもらひ、お言葉に甘える。

歴史ある真言宗の伽藍をバックに、借り物ギターで数曲、演奏奉納させていただいた。
二日続けて打ち上げで寝てしまふやうな疲労に、とんぼ返り&登山、が加わったなかなかハードな状況だったが、たいへん気持ちよく歌って疲れもフっ飛ぶ。少なくないお客さんも楽しんでくれ、何より住職がとても喜んでくれたのが嬉しかった。
DrKRIG5U8AAQ13A.jpg

登ったからには降りねばならぬのが「登山」。
まぁけふ壱日、酔狂っちゃ酔狂なスケヂュールをこなした、と云へるが、気分は上空3000フィート(古い)。

・・・が、さすがに家に帰ると、目を開けてゐるのが至難の技、といふほど眠くて、飯喰ひながら眠く、ラヂヲ聴きながら寝て、風呂に入りながら寝て、布団に入ったら2秒で熟睡したらしい。

11月5日(月)しーシュレコーディング初日 -------

忙しきことに、しーシュのレコーディングがけふから始まる。

「一年に壱作品」といふ目標を掲げて以降、今のところ達成し続けてゐるアルバム作り。一年ごとに「フル・アルバム」と「マキシ・シングル」を回してゐて、今年はシングルの番。
全4曲、書き下ろし入りのマキシ・シングル「小鉢:その四」のレコーディングとなる。

場所はおなじみセイントルイズ・スタジオ。旧友でもあるカズイこと数井政彦のオペレーションも、これで7作目だ。
毎度のことながらベースと鍵盤以外の楽器の方が多いレコーディングだが、今回書き下ろしの曲ばかりで、カズイには事前情報なし(笑)。ワシらにすら完成形は見えておらず、カズイにしてみれば、なにがなんだか全く分からん状態からの録音で、まぁこんな事に付き合ってくれるのもカズイだけだらう。

いつものかんぢでがしがしと録って行き、曲の骨子が固まる、くらいの所までは行く。朝の10時から19時まで、ひたすら音と向き合う壱日であった。

11月6日(火)--------

朝の野暮用を済ませ、気づけば自分が生まれた家の辺りにゐて、時間もあったので、ちょいと車を停めて歩いてみた。

廿日市市は平良一丁目、といふ場所で、当時は広大な木工場を擁する・・といふか木工場を中心に栄えた町であり、近隣住民はほとんど木工場勤務者か、その勤務者を相手に商売する店で構成されてゐた。

現在は工場も撤退し、フツーの住宅街となっており、大手資本のデカいスーパーやらも入り、そこそこ瀟洒な町になってゐる。ワシの生家があった場所には小綺麗な邸宅が建ってゐたが、家の目の前にあった神社は健在で、境内にあった巨大なイチョウの木も、まだ存在してゐた。
神社の裏手には、ワシら近隣の子供らの絶好の遊び場であった小山があり、「あそこの崖から落ちたな」とか「ここに落とし穴を掘ったな」とかノスタルジィの雨嵐。神社そのものも、むしろあの頃より綺麗に管理されてゐて、この際なのでお参りもしておく。

この境内で野球やら鬼ごっこやニクダンやら、さういふハードで過激な遊びをしてゐたのだが、よぅこげな狭い場所であんな危険な遊びをしてたな、と思ふ。

時は流るる。時間は少ない。

11月7日(水)---------

噛み合わぬ話、に疲弊することには慣れてゐる。
慣れてはゐるが、疲弊することには変わりない。
今に始まった事ではないが、時折 自分が完全に「間違った道」をひた走ってゐるのではないか?といふ気に苛まれる。

11月8日(木)しーシュレコーディング二日目 --------

レコーディング最終日にして二日目。

この録音でもまた、いくつかギターを弾いてゐる。手持ちのギターが全部なにがしか調子が悪いので、しーなさんチのギターや、スタヂヲのギターを借りたりしてゐる。
で、今回 スタヂヲにあるガットギターを弾いたのだが、これが素晴らしい。あまりに美しい音なので、本来入れる予定でなかった曲に使ったり、逆に音が良すぎて使えなかったり、してゐる。

ワシがこれまでの人生で弾いてきたギターの中で、間違いなくトップの音の良さ。なんぢゃ?このギターは?!。聞けば 故 岩本貢さんのギターだと云ふ。

さうか・・・、彼は何度かここのスタヂヲで音を残してゐるのだった。
彼が逝ってから、もう10年が経とうとしてゐる。なんといふ再会であらうか?。
この音、ワシも残させてもらいますよ 岩本さん。

11月9日(金)---------

ワシの地味な趣味の代表としてある映画鑑賞。
このために、津多弥の勝手にDVDが送られてくるシステムに加入してゐる、ことは以前にも書いた。

店頭まで借りに行きまた返しに行く手間が省けるのは良いのだが、時折異常のあるディスク(再生されんかったり、飛んだり)が送られてくることがある。その旨伝えればまぁしかるべき措置をちゃんと取ってくれるのだが、映画なんざ見たいときに見ぬともぅ心の中では旬が過ぎてゐる。
わざわざ借り直してまでネー、との思ひから、さういふ時はもぅその映画自体が「なかったこと」にする。でも少しは気になるので、動画サイトなんぞを漁ってゐると、違法にアップロードされてゐたりす。

それを見て、「あ、故障ディスクでよかった」とけふ思った。
まぁ さういふハナシよ。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR