FC2ブログ

叶えられなかった願いは過ちなのか

45494927_193698594863534_1064073921336180736_n.jpg
11月1日(木)---------

あれれ?いつの間にか今年もあと二ヶ月、と相成った。
ぐぬぅ・・こないだ年が明けたやうにも思へるのに・・と何回思っただらうか?。そしてこの後何回思ふのであらうか?。

11月2日(金)しーなとシュウ週末遠征 三原はるのんカフェ ---------

しーシュ、2年ぶりの三原への遠征。

三原市は広島市から車で約1時間半。ワシもしーなさんも縁 浅からぬ(それぞれこの街では「教育者」としての側面多し)土地。なのにミュージシャンとしてはあんまり来ない場所・・・まぁ近隣都市てのぁそんなものかもしれんけど・・・。

はるのんカフェは、まさに昔ワシが教鞭をとってゐた楽器店のすぐ隣にある。まぁ、だからと云ってその関係者やもと生徒が来てくれる訳でもないのだが・・・。

けふはしーなさん筋のお客さんに多く来て頂いたやうだが、ほぼ初めての人ばかりで、さういふ意味では久々の三原、良いかんぢに出来たのではないか、と思ふ。ほとんどの人が帰り際に「次回は友達も誘います」と云ふてくれた。はるのんマスター&ママも「もっと頻繁に来ても良いのに」と云ふてくれたので、よーし、足繁く通うか。

三原と云へば「流川タンポポ団」。
けふもOAを務めてくれ、リーダーの「たぬきさん」のお宅は宿泊先にもなる。感謝多謝なのだが、なんかワシど〜にも疲れてゐるやうで、打ち上げの最中に寝てしまひ、その後フロの中でも寝てしまひ、といふ体たらく。ん〜〜〜。

11月3日(土)しーなとシュウ週末遠征 岡山(ダブルヘッダー):音楽始発駅(昼)/MO:GLA(夜) --------

けふはもともと岡山MO:GLAのブッキングを入れてゐたのだが、マスターのサンジさんこと福武三二さんが『昼間もちょいと出るか?』と云ってくださり、本来ならば岡山出身者か在住者しか出れない、といふ駅前イベント「音楽始発駅」に参加できる運びに。
DrDkdi3U8AAhlWg.jpg

駅前、といふか駅構内での半野外ステージで、昼間、しかも晴天の行楽日和、といふことで、会場は人でいっぱい。ワシらはサンジさんと、その息子の福武世史記さん(Gu)の親子バンドOKAYAMA通天閣のサポートメンバーとして出演。

サンジさんは、途中ワシらがメインになる局面も作ってくれ、今夜のライヴの宣伝にも。11月にしては暑すぎるくらいの晴天の陽気の中、楽しく演奏した。

で、夜は移動してMO:GLAへ。
ここでは、これまでしーシュが岡山で構築したファン層が全員出演者となる、といふ展開で(笑)、まぁおのづとベーシストが主賓なかんぢで・・・。

けふのトピックは、みじぃこと水本和秀氏を招いてのツイン・ベースしーシュ。さすが岡山代表ベーシストであるみじぃ氏のプレイは完璧で、初めての共演とは思へぬツインベースぶりで会場を盛り上げてくれた。今回は2曲のみのコラボだったが、全編で参加してもらってもよかったくらいだった。
45320351_1340382196126749_322844599921934336_n.jpg

他にも元弟子「おとーさん」こと朝井裕二や、今回限りでライヴ活動を休止するTAKAちゃんら、並々ならぬ熱演で、サンジさんからも『お前らもっと頻繁に来い』と云っていただき、昨日に引き続き、近隣にこそ、もっと足繁く通わねば、と思った次第であった。

みなさん、ありがとう。

けふも打ち上げの最中に寝てしまふ、といふ体たらく。なにがこんなにくたびれてゐるのか?。

11月4日(日)福王寺まつり ---------

けふはしーなさんの仕事に合わせて、早めに帰ることになってゐる。

が、広島ではHoneysが中心になった仲間らが、福王寺まつりを演ってゐる、といふ事で、ワシは遅ればせながらそれに顔だしてみんとす。

岡山からスっ飛ばして広島に帰り、しーなさんを仕事先まで送り届けたのち、ひとり福王寺へ向かふ。
・・と軽く云ひはしても、福王寺はどぅ頑張っても広島市内から1時間以上かかる上に、最後の数キロは「登山」せねばならぬゆえ、間に合うかな〜、とか思ひつつ、往く。

程よく汗かきながら寺に着いてみると、最後の出演者が歌い始めるところだった。まぁなんとか間に合った、のかな?。
ふるまいモチとか食ったり、知り合いと話したりしてゐたら、「せっかく来てくれたんなら歌って行く?」と云ってもらひ、お言葉に甘える。

歴史ある真言宗の伽藍をバックに、借り物ギターで数曲、演奏奉納させていただいた。
二日続けて打ち上げで寝てしまふやうな疲労に、とんぼ返り&登山、が加わったなかなかハードな状況だったが、たいへん気持ちよく歌って疲れもフっ飛ぶ。少なくないお客さんも楽しんでくれ、何より住職がとても喜んでくれたのが嬉しかった。
DrKRIG5U8AAQ13A.jpg

登ったからには降りねばならぬのが「登山」。
まぁけふ壱日、酔狂っちゃ酔狂なスケヂュールをこなした、と云へるが、気分は上空3000フィート(古い)。

・・・が、さすがに家に帰ると、目を開けてゐるのが至難の技、といふほど眠くて、飯喰ひながら眠く、ラヂヲ聴きながら寝て、風呂に入りながら寝て、布団に入ったら2秒で熟睡したらしい。

11月5日(月)しーシュレコーディング初日 -------

忙しきことに、しーシュのレコーディングがけふから始まる。

「一年に壱作品」といふ目標を掲げて以降、今のところ達成し続けてゐるアルバム作り。一年ごとに「フル・アルバム」と「マキシ・シングル」を回してゐて、今年はシングルの番。
全4曲、書き下ろし入りのマキシ・シングル「小鉢:その四」のレコーディングとなる。

場所はおなじみセイントルイズ・スタジオ。旧友でもあるカズイこと数井政彦のオペレーションも、これで7作目だ。
毎度のことながらベースと鍵盤以外の楽器の方が多いレコーディングだが、今回書き下ろしの曲ばかりで、カズイには事前情報なし(笑)。ワシらにすら完成形は見えておらず、カズイにしてみれば、なにがなんだか全く分からん状態からの録音で、まぁこんな事に付き合ってくれるのもカズイだけだらう。

いつものかんぢでがしがしと録って行き、曲の骨子が固まる、くらいの所までは行く。朝の10時から19時まで、ひたすら音と向き合う壱日であった。

11月6日(火)--------

朝の野暮用を済ませ、気づけば自分が生まれた家の辺りにゐて、時間もあったので、ちょいと車を停めて歩いてみた。

廿日市市は平良一丁目、といふ場所で、当時は広大な木工場を擁する・・といふか木工場を中心に栄えた町であり、近隣住民はほとんど木工場勤務者か、その勤務者を相手に商売する店で構成されてゐた。

現在は工場も撤退し、フツーの住宅街となっており、大手資本のデカいスーパーやらも入り、そこそこ瀟洒な町になってゐる。ワシの生家があった場所には小綺麗な邸宅が建ってゐたが、家の目の前にあった神社は健在で、境内にあった巨大なイチョウの木も、まだ存在してゐた。
神社の裏手には、ワシら近隣の子供らの絶好の遊び場であった小山があり、「あそこの崖から落ちたな」とか「ここに落とし穴を掘ったな」とかノスタルジィの雨嵐。神社そのものも、むしろあの頃より綺麗に管理されてゐて、この際なのでお参りもしておく。

この境内で野球やら鬼ごっこやニクダンやら、さういふハードで過激な遊びをしてゐたのだが、よぅこげな狭い場所であんな危険な遊びをしてたな、と思ふ。

時は流るる。時間は少ない。

11月7日(水)---------

噛み合わぬ話、に疲弊することには慣れてゐる。
慣れてはゐるが、疲弊することには変わりない。
今に始まった事ではないが、時折 自分が完全に「間違った道」をひた走ってゐるのではないか?といふ気に苛まれる。

11月8日(木)しーシュレコーディング二日目 --------

レコーディング最終日にして二日目。

この録音でもまた、いくつかギターを弾いてゐる。手持ちのギターが全部なにがしか調子が悪いので、しーなさんチのギターや、スタヂヲのギターを借りたりしてゐる。
で、今回 スタヂヲにあるガットギターを弾いたのだが、これが素晴らしい。あまりに美しい音なので、本来入れる予定でなかった曲に使ったり、逆に音が良すぎて使えなかったり、してゐる。

ワシがこれまでの人生で弾いてきたギターの中で、間違いなくトップの音の良さ。なんぢゃ?このギターは?!。聞けば 故 岩本貢さんのギターだと云ふ。

さうか・・・、彼は何度かここのスタヂヲで音を残してゐるのだった。
彼が逝ってから、もう10年が経とうとしてゐる。なんといふ再会であらうか?。
この音、ワシも残させてもらいますよ 岩本さん。

11月9日(金)---------

ワシの地味な趣味の代表としてある映画鑑賞。
このために、津多弥の勝手にDVDが送られてくるシステムに加入してゐる、ことは以前にも書いた。

店頭まで借りに行きまた返しに行く手間が省けるのは良いのだが、時折異常のあるディスク(再生されんかったり、飛んだり)が送られてくることがある。その旨伝えればまぁしかるべき措置をちゃんと取ってくれるのだが、映画なんざ見たいときに見ぬともぅ心の中では旬が過ぎてゐる。
わざわざ借り直してまでネー、との思ひから、さういふ時はもぅその映画自体が「なかったこと」にする。でも少しは気になるので、動画サイトなんぞを漁ってゐると、違法にアップロードされてゐたりす。

それを見て、「あ、故障ディスクでよかった」とけふ思った。
まぁ さういふハナシよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR