FC2ブログ

最後だけは立派だったと伝えてほしい

IMG_3399.jpg
12月7日(金)--------

明日の長門は向津具でのライヴのために前入りする日。
しーなさんは出発ギリギリまで仕事に追われてゐて、ワシは長門滞在中の必要なあれこれの買い出しを担当す。

夕方、広島を出発。初冬の日暮れは早く、あっといふ間に真っ暗に。
高速道路走行中はまだしも、一旦長門市に入り、向津具までの道を走り始めると、周囲は一気に原初の闇の中。
通り過ぎてるのが、森の中なのか田んぼのあぜ道なのか海っぱたなのか、目視は不可能。ヘッドライトが照らす範囲内だけが現存する世界(笑)。

投宿先の「パタ屋」が闇の中に浮かび上がった時には、毎度心底安堵するのだ。

そのパタ屋。今夜は地元青年会の会合が開かれてゐる。来年計画されてゐる「棚田祭り」の目玉商品になる「ムカツクにぎり(地元米と地元具を使ったおにぎり)」の試食会らしく、我らもその相伴にあずかる。とてもおぃしぃ。

ここ数年で若年層の移住者も増えたさうだ。またそれぞれが持ったスキルを持ち寄る場所に、どーやらパタ屋が役立ってゐるらしく、良いことだ、と強く思ふ。

12月8日(土)しーなとシュウのクリスマス・コンサート@長門市向津具 旧文洋小学校 ------

昼前には、いつも長門での音響を務めてくれる地元の仲間 ヤっちゃんが来る。

ヤっちゃんと共に機材を積み込み、会場へ移動。
会場の旧文洋小学校は2006年の国民文化祭山口の長門地区会場でもあった。その頃のワシはZEKUといふユニットの一員として、長門地区の音楽イベントに一年以上にわたって深く関わり、その総決算となるイベントがここ文洋小学校で行われたのだ。

あの時ワシは、主催者に「(縁を)これで終わりにしてほしくない」旨を伝えた。
その願いは通じ、あれから16年経ったいまも、かうしてここに帰って来て、歌うことができる。幸せ者だワシは。
yorutana.jpeg

娯楽のない地域の人々に、クリスマス前の楽しみを届けるのが、けふの仕事。
カヴァー8割で構成し、楽しんでもらへるやうに頑張った。・・が、前の方に大声で喋る一団がおり、これらに気を削がれてやれんかった。他のお客さんも明らかに気にしてをり、申し訳なかった。

修行が足らんな、ワシは・・・。

終演後は、地元のおばちゃん(おばーちゃん)らの拵えてくれたおでんやぜんざいなども振舞っていただき、この人たちの愉しみに少しでも力が貸せたのなら嬉しい。是非また参加させていただきたい、長門は向津具のあたたかなイベントであった。

ところで、上述のおばちゃん達。
ワシらが機材の積み込みをしてゐる側を、「おつかれさま〜」と帰って行ったが、外は先述したやうな原初の闇。
どこに帰ってゆくのだ!?。

12月9日(日)らうんじしーシュ@オリエンタルホテル広島 --------

昨日から全国的に冷え込んでゐるらしひ。
長門も例外ではなく、外を見ると雪が降ってゐる。づいぶん長門に来てゐるが、こんな光景は珍しい。

パタ屋には、けふも学生の集団が研修会かなんかで集まってゐる。良いことだ。とても良いことだ。
けふの厨房で昼飯を拵えてゐる青年は、もとはカナダで料理屋をやってゐた、といふ。最近 家族で向津具に住み着き、暮らしを始めたのださうな。さういふ移住者同士のコミュニティにも、パタ屋は一役買ってゐる。
良いことだ。とても良いことだ。

皆に見送られて長門を出発。今夜は広島で月例ラウンジ演奏。
一旦家に帰る時間が取れるやうに広島を目指し、途中一回昼寝休憩を入れ、夕方前には自宅へ。着替えて、また出発。我らのことながら、よく動く二人である。

月例、とは云へ先月はスケヂュールが合わず流れたので、二ヶ月ぶりのオリエンタルホテル。
ラウンヂ体制からビュフェ体制に変わり、よぅやく営業が落ち着いて来た感はある。さうなれば「演り手側の演り方」も決まってきて、そこを楽しむ余裕もできた。
もともと、それほど演りやすい現場、といふ訳でもなかったので(笑)。

体制が変わった時に辞めていった出演者も多い。が、まぁ、望む形 望まぬ形はさておき、これはワシらにとっては「仕事」であり、与えられた場でベストを尽くすが当たり前。さぅ、船が沈むまで演奏を続けたあの楽団のメンバーのやうに。

『もぅやめよう、誰も聴いちゃいない』
『もともと誰も聴いちゃいなかったろ?。演ってる方が身体もあったまるさ』

世の中、正論だけで成り立ってゐる訳ではない。

12月10日(月)---------

ここ数日 珍しく忙しかったのだが、けふは久しぶりに休み。
練習して、買い物して、ちょっとトレーニングして、映画を見て、読書して、料理を作る。

12月11日(火)--------

生徒がひとり、退会す。

インストラクターといふ稼業を続けてゐると、どーしても「別れ」に慣れてしまふ。
ひとはいづれ去るもの、との達観が身について久しい。
以前にも書いたやうに、キチンと挨拶をして去って行く生徒ばかりではなく、むしろ近年さうでない場合の方が圧倒的に多い。これも以前書いたが、「お世話になりました」の言葉もなくフツーに帰って行くのはまだいい方で、なんとなく来なくなり、あとになって「あれが最後のレッスンだった」といふパタンが大多数だ。まぁそもそも「来なくなる」てぇ時点で本人が「来たくなくなって」るんだから、最後も来んわな・・・。

けふの生徒は転居を機に退会するケース。
最後は涙ぐみながら「お世話になりました」と。かういふ場合、こちらがかけてやれる言葉は一つであり、それが面と向かって云へることは、切ないけれど嬉しいものだ。

達者で暮らせよ。いざ、さらば。

12月12日(水)---------

向原へ出張レッスン→広島市内でレッスン。
けの生徒はは全員が女性で、しかも全員がヴォイトレ。かういふ日も珍しい。

その後、ぱんぱかトリオのリハ。
このバンドは、12月20日が今年最後のライヴとなるのだが、いょいょその日、永らく眠ってゐた「あをぞう(Zo-3ベース)」を復活させてみることにす。

こたび黒瀬町は串小屋にてメンテを受け、また新たなペイントも施し、より一層莫迦莫迦しい楽器となったあをぞう。これを使ふ、といふと『え?せぃぜぃ1〜2曲だらう?』と人は云ふ。だが、かつてワシははこれ一本で「子象に乗って」といふソロ旅までしたのだ。ヴァネッサをメンテに出してゐる間は、セッションもこれで乗り切ったこともある。
今回もリハで弾いてみるに、なんら悪いところのない・・・むしろ良いところばかりが目立つかんぢで、リハが終わってもしばらく弾いてゐた。

よーし。久々にあをぞうでフル・ステージ演り切る。
48269064_2160196697370444_3568919112019083264_n.jpg

12月13日(木)--------

「大西洋漂流76日」読了。

驚いた、といふか、考へれば当然、とも云へるのだが、遭難して漂流してゐる人間を発見したものが、それを認識できるかどーかはまた別、といふ事実。ましてや言葉が通じない国の人間と遭遇したとしてら、自分が遭難して何日も漂流して死にかけてゐる、といふ事を理解してもらふだけでも難しい、といふことだ。

この本の著者は、漂流中 何隻もの船舶に見過ごされ、結局自力で人間の住んでゐる島に辿り着くのだが、発見してくれたのは言葉の通じない国の漁師で、「あなたはこんなところで何をしてゐるのか?」と問はれるのだ。そして救助を求めるも『漁が終わるまで待て』と云はれるのである。

知らない、といふことは、何をもたらすかわからぬのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR