善行を積んでも善人になれる訳ではない

C88s39HV0AATJsj.jpg
4月6日(木)--------------------------------------------

旅が続いてゐる間は、どーしても運動不足と過食により、太る傾向にある。
ので、広島に帰ってからの日常がモノを云ふのだが、最近トレーニングするのが億劫になってゐる自分を否定できない。

せめてレッスンまでの行き帰りをチャリにするとか、歩くとか、さういふ些細な戒律事までも蔑ろにせぬやうに。

4月7日(金)----------------------------------------------

インターネットで映画のチケットを買わんとす。
なんか面倒くさかったが、いちをうちゃんと買えた・・・・らしひ。あとは映画館に行ってから、だな。

夜はしーシュのリハ。この日曜日の河内町遠征を視野に入れて、のカヴァーを中心として。
んで、新曲をふたつ完成目指してあれこれ。良いかんぢである。

先日大阪で、新曲の「旅行きて」を聴いてくれた泉尚也さんが、『あれ、エェね。なんか今までのしーシュと違うかんぢ』と云ってくれ、さうなんですよ!と(笑)。
これから我らが目指す方向、と云ふか、目指しても良い地平、てのが見えて来た気もしてゐる。

4月8日(土)---------------------------------------------------

オリエンタルホテル、孤独な営業「吟」。

このツアーの間、ガットギターを車に積み、局面局面で弾いた。結果、けっこうな頻度でギターを弾く事になり、手がガットに馴れてしまった。数日スティール弦のギターを弾いたのだが、もぅ指が痛くてねぇ・・・。

ので、けふの「吟」は久しぶりにガットギターを使ふことに。
まーこれがえらいことスムースに扱え、自分がとても上手くなった気さえした。やはりワシは「アクースティックの」ギタリストなのだな、と改めて実感してしまった。

お客さんも熱心に耳を傾ける人たちで、久しぶりに「ライヴのやうに」演れた営業であった。

4月9日(日)東広島市河内町 ライヴレストラン明日香----------------------------------

我らのファンIさんの導きにより、河内町にお招きいただく2回目。
前回はまだ寒き冬のさなかであったが、今年は桜の季節に。これがまた奇跡のやうに昨日までの雨が上がり、絶好の花見日和。

Iさんはじめ、その友人たち有志の広報により、狭くない会場が満杯の集客。感謝!。心して良きものを披露せん。

カヴァーとオリジナル半々くらいのラインナップで構成し、またツアー直後のノリも、えぇ具合にまだ醒めておらず、力を抜きつつも熱く、けっこうガッツリと演らせて頂きました。カヴァーにもオリジナルにも惜しみのない拍手が送られ、MCもよぅウケる。

我らを多くの人に紹介したい、と云ふてくれるIさんの思ひに、応えられたと思ふライヴだった。
打ち上げも楽しく、感謝の意もこめて、ソロでエキストラステージも演る。本当にありがとうざいました。IMG_1232.jpg


4月10日(月)------------------------------------------

こないだネットで買ったチケットで、「キングコング〜髑髏島の巨神」観に行く。

オモロかったが、席が最前列だったので、終始斜め上を見上げてゐるかんぢになり、頸が・・・・。
でもまぁ、流石にすごい迫力だった。見事な「怪獣映画」だった。

4月11日(火)------------------------------------------

年老いたオフクロと、還暦前の姉貴、嫁入り直前の姪っ子、の女ばかり3人が住む実家に、男手が必要な作業がある、と聞き、ヘルプに出かける。
色々と蒐集して来たものを一括して処分する、といふ。いわゆる「終活」なのださうな。

重いもんが多い。まぁ確かにこれは女性だけではキツいだらうな、と云ふものたちを、然るべきやうに処理す。が、まぁワシも50過ぎたおっさんなので、腰に負担のかからぬやうに・・・。

そらぁえぇのだが、此処数日、妙に身体がダルく、眠い。旅の疲れが今頃出て来てゐるのだらう、と思ふ。
かういふ時は逆に身体を使えば良いのだらう。

4月12日(水)------------------------------------------------

過去のぶろぐを時系列に沿って読み返し易くしやうと編集してゐて、阿呆な事に一部の日記を削除してしまった。
ア"〜〜〜!。
ぶろぐってホンマに使いにくいなぁ(ワシにとって)。

バッポン的な対策が必要なのか、とも思ふ。壱週間をひとつの記事にまとめやうとするからこげな事になるのか。壱記事にひと頁を使い、壱週間目に一挙公開、といふ風にすれば良いのか、とか色々と考へる。

まぁ逆に云へば、なにを地方都市の旅回りミュージシャンが、ぶろぐ如きでそげにキバってゐるのか、とも思ふ。

4月13日(木)-------------------------------------------

孤独な営業「吟」@オリエンタルホテル。

こないだから、なかば開き直りに近く「ガットギターで行く」と決めてから、なんか気がラクになった。
かといってこれがとても流暢に扱える、と云ふ訳でもなく、これはこれでやはり積み重ねる修練が必要、は云ふまでもなく。

此処数日寝不足で(やや不眠症気味。寝付きは早いが2時間くらいの睡眠で覚醒してしまひ、そっから寝れない、といふ日々が続いてゐる)、ややしんどいが、けふも前回に引き続き、まるでライヴのやうに真剣に聞き入ってくれるお客さんで、とても演り易かった。

ワシのファン、を公言して下さってゐる此処のバーテンダーNさんが、今月いっぱいで此処を退陣される事を聞き、あらら、と・・・。これで、ワシが此処で唄い始めた頃から居られたバーテンさんが、全員「卒業」される事になる。

思へば長く演ってゐる現場だ。この夏辺りから体制が変わる、と云ふ噂もある。
全ては移り行く。
変わらぬものなどない。

4月14日(金)--------------------------------------------

しーシュのリハ。

ここんところ取り組んでゐた新曲をふたつ完成させる。
フと、これまでに完成してゐる(ライヴで出来る)しーシュのオリジナルを全部数えてみたら、66曲になってゐた。
まぁ活動13年でこれならまづまづかねぇ。
二人だけで演る、といふスタイルで、よぅ此処までのバリエーションを持ててゐるな、と云ふ自負のやうなものはある。

足で踏んで色んな音が出せるパーカスのやうなモノがあるらしく、ここらでしーシュもさういふのを・・・と提案してみたが、しーなさん曰く「すでに(あんたは)だいぶ隠し芸的な事を演ってゐるのだから(これ以上の隠し芸をする必要はナシ)」といふ事で却下。

夜、上記オリエンタルホテルでの「吟」やしーシュを、いつも応援して下さってゐるHさんご夫妻にご招待を受け、高級な料理とお酒を頂く。楽しくご相伴預かった。いつもありがとうざいます。

夜の広島繁華街、ここ数年でめっきり冷え込んでゐるかんぢがあったが、けふは久々に賑わってゐる、といふかんぢがした。
RIMG1189.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梶山シュウ

Author:梶山シュウ
旅するのらくら電気ベース弾き語りスト。
おもに、えせニック歌謡デュオ「しーなとシュウ」で活躍。
500年生きてゐる、といふ噂もある。

音楽と映画と本、少しの酒とツマミ、たっぷりの空き時間 をこよなく愛する中年男。

http://www.kajiyamashu.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR