人の通わぬ奥山に咲き誇る桜の心意気

SBSH3190.jpg

4月15日(土)--------------------------------------

昨日から『けふは完全休息日とす』と宣言してゐた。
家事の一切もやらぬ事にし、ツイデに「ご近所に金を落とすデー」として、昼も夜も近所の店で済ませる。

昼は久しぶりの「つつ井食堂」。
ガラスのショーケースにおかづが入ってゐて、それを選んでから飯を注文す、と云ふ 昔ながらの食堂。昼飯を喰はぬやうになってからトンとご無沙汰してゐる。久々に茶碗に山盛りの飯を喰ふ。

夜は鉄板焼きの「ささふく」。
焼き鳥と野菜焼きでビール×2と黒糖焼酎×1。

それ以外の時間はホンマにづっと寝てゐた。夜も早くに寝、まれに見る無為な壱日であった。

4月16日(日)------------------------------------

けふは近隣遠征。
神辺はハイダウェイで行われてゐるレギュラー・イベント「AKAGI's night 」にしーシュで参加。
なんとこれ、月イチ企画で 94回目なんださう。

ホストのアカギさんは、完全な「バーボン・ヴォイス」のシンガー・ソングライター。
富安秀行さん繫がりで知り合い、意外な奇縁が発覚したりして、個人的に親交が続いてゐる。このイベントに出るのも3回目。しーシュにスゴく合ってるイベント、とは決して云へぬのだが、意外に楽しんでゐる我らではある。

けふもカヴァー演ったり、アカギさんのナンバーに入ったり、色々と楽しんだ。

終演後、けふは喉の調子が悪いから、と、セッションにも非参加だったハイダウェイ・マスター トクさんが、なにやらごそごそとベースを準備し、おもむろにワシを促し、今後演らうとしてゐる曲を始めたのが、なんかカワイらしかった(笑)。

いつでも誘ぅて下さいトクさん!。IMG_1242.jpg


4月17日(月)-------------------------------------

ゆんべはアカギさん宅で宴会&雑魚寝。
けふは帰るのみ。だが、徐々に天候が悪化して来て、家に着く頃にはかなりな雨。
しかもその後もさらに不安定な天候となり、夜には横殴りの豪雨となり、さらには「竜巻注意報」まで出る。

あの2014年8月の広島土砂災害を思ひ出す。
「まぁいつものゲリラ豪雨だらう」と思ってゐたのが、結局一晩中続いてしまったあの夏の夜。
けふも遠方の友人から安否を気遣うメールが届き(全国ニュースに『安佐南区』の文字が出るらしひ)、とりあへず我が家は心配ない、の旨伝えた。

さう。とりあへずは、ね・・・。

4月18日(火)-------------------------------

ドラムの石井聡至とデュオのリハを朝から。
前回のリハでサトシに『唄えば?』のやうな事を云ったら、ちゃんと対応して来てゐる。この若者のスゴいのはさういふ処だ。売れっ子ドラマーにつき、あっちこっちで引っ張りだこで、なかなかマスターする時間も取れぬだらうに、と。

5月15日月曜日『サトシとシュウの はじめてのおつかい』@ショットバァ・フラミンゴ。
楽しみであります。

夜は五日市でレッスン。体験レッスンあり。他の教室は、ほぼ全員ワシより年上の生徒さんたちが揃ってゐるが、何故かここは高校生ばかり。楽器店と併設してゐるから、だらうか?。

専門学校を退職したいま、もはやこの世代と相見える機会など、教室を置いて他にはなく、だがまぁしかし、別にそれが必要な事とも思はぬので、真面目に練習する生徒なら、どっちでも良いや。IMG_1257.jpg

4月19日(水)-----------------------------------

「すべてはその朝始まった」といふ映画を観る。
サスペンス、てゆーか、どんでん返し系のミステリーとも云へる内容で、たいへんオモロかった。
しかし、何故この映画を借りたのか?。日頃あんまりこのテのものを観ぬのに、これを借りるに到ったのは何故なのか?。

よぅ観るとチョイ役に、メリッサ・ジョージが出てゐて、あぁそれか、と。
主演の女優(ジェニファー・アニストン)がとても美しいので、そちらに気を取られてゐた。このテのホンマに美しい女優と比ぶれば、その「個性的」さは否めないメリッサさん。しかし、着衣姿がなんとなくエロいのが好きなのだ。

メリッサさん、と云へば、悪夢の無限ループが全く救いのない「トライアングル」が最高傑作だが、ほぼ全編ジーンズのホッパン姿で孤軍奮闘する姿が、たいへんセクシーであった。
どーでもいいですか?さうですか・・。

4月20日(木)-------------------------------------------

しーシュのリハ。
ここんところ練習スタヂヲには、ぱんぱかトリオで使う、いわゆる「ぱんぱかベース」を置きっパにしてゐて、けふはしーシュのリハもそれで演る。

音的にだいぶウッドベースに近く、いつもしーシュで演らねばならぬアレやコレやを代弁できるほどの互換性はないのだが、これはこれで悪くない。やがてホンマに「老人しーシュ」になってしまふ時には、かういふ楽器を使っても良いのかな、と思ふ。

さういや、巨乳美形ベーシスト・タルちゃんこと、タル・ウィルケンフェルドが、最近唄ものを演る時にはヘフナーのやうなセミアコを使ってゐる。
これがなかなかイイのよ。

彼女のブリブリのベースが聴きたいファンには不評らしひのだが、ワシはその路線で壱枚アルバムを出してくれぬものか、と思ってゐる。見た目の可愛らしさと裏腹の、やや野太い歌声が、ワシ的にはたまらんのだ。

4月21日(金)-------------------------------------------

かの プリンス閣下の命日、なのださうな。

昨日のしーシュリハを録音したやつを流しながら、重ねてベースを弾いて唄う、と云ふ練習をす。

あさって日曜日に、ソロを壱本演るのだが、こたび初めて「独弾(ベース弾き語り)」の曲を、「吟(ギター弾き語り)」のスタイルで演ってみる事にす。
どないになるンだらうねぇ?。楽しみでもあり・・・・。

8弦ギターを全音下げで調弦すれば、E A D G C F A Dとなり、これなら今のワシがギターで演ってゐる「吟」と、ベースで演ってる「独弾」が壱台の楽器で出来る!?と閃く。
して8弦ギターは何処にどのやうに売ってゐるのかね?。

riha.jpeg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梶山シュウ

Author:梶山シュウ
旅するのらくら電気ベース弾き語りスト。
おもに、えせニック歌謡デュオ「しーなとシュウ」で活躍。
500年生きてゐる、といふ噂もある。

音楽と映画と本、少しの酒とツマミ、たっぷりの空き時間 をこよなく愛する中年男。

http://www.kajiyamashu.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR