たれか故郷を思はざる

C-U1dooWsAIRIpi.jpg
4月22日(土)---------------------------

けふはしーシュと「ハニーズ」との合同リハ。
このハニーズ、パーカッション&ドラムのてっちゃんこと小川哲弘との繫がりで、去年ぐらいから親しくさせてもらってゐる、いわゆる 芸北・正直村コネクションの男女デュオを中心としたチーム。

広島で、高田エージさんを迎える人々の連合、と云ふか、その流れに我らも居り、今年の夏には「合同合宿」まで計画されてゐる。彼らから「コーラスをレクチュアしてほしい」との相談を受け、ではレクチュアと云ふか、一緒に練習しませう、と云ふ事で、けふのリハとなった(説明が長い)。

日頃しーシュが熱望してやまない、「3声以上のコーラス」を演れる楽しさ。
意欲的にあれこれ取り組んでくれる姿に、ワシらもヒートアップ。週末に、日頃のリハと違った、また穏やかに楽しいリハが出来て嬉しや。

4月23日(日)----------------------------

けふは「ライヴの出来るお好み焼き屋」として有名なケンタウロスの、リニューアルの為の一時閉店前、最後のライヴ、にソロで出演。

こは、ケンタウロス店長Sさんに『5月くらいにソロで演らして下さい』と云ったところ、『5月はもぅやっとらん』と云はれ、しかし最後の営業日に、ワシが教室を持ってゐるスタヂヲ・ジモのオーナーでもある藤本よりお氏がライヴ演る、といふので、ぢゃあワシを前座に使え、となり、けふに到ったもの(またまた説明が長い)。

やや迷ったのだが、けふは「吟」(ギターの弾き語り)で演る事に。

このところガットギターで演る事に迷いが無くなり、けふもガットで。ループも使い、営業で演ってゐる「吟」とはまた違ったかんぢのステージを、約20分。良いパフォーマンスが出来て嬉しや。
他に春駒のカシラも出て、一緒に数曲。カシラは、かういふジャンルで使うガットギターの可能性を知った様子。

本割の藤本さん。ソロを聴いたのは久しぶりだったが、良かったねぇ。
今もけっこうな頻度で新曲を書きまくってるやうで(元々 多作なひと)、そのうちの何曲かも聴けて感心す。
ワシも頑張らねばな、と、改めて思った。

このケンタウロス、いちをうけふで一旦クローズとなるも、約1年半後に同じ場所でリニュアル、といふ事で、そん時にはまた演らせて下さい、と確約し、最後のビールを頂いて帰った。
良い夜であった。

4月24日(月)----------------------------

久しぶりにやる「趣味のバイト」。
いつもと同じ、某会場イベントの撤収作業だったが、いつもと違ったのは、けふは「女性下着のイベント」だった事。
パンティやらブラヂャーが飾ってあるのを、おっさんのワシが撤収す、といふ、もし知人に発見されてアイポンで撮られ、SNSなんぞに拡散された日にはえらいこっちゃ、な仕事だった。

仕事そのものは楽で(なんせ女性下着なので軽い)、時間も短くて、だから逆に云へばたいへんビミョ〜な仕事だった。
しかしまぁ、毎度思ふが、かうやって身体を動かし、汗をかいて金銭を得る、といふは精神衛生上たいへん宜しい。
「働いてゐる」といふ気分は、斯様に清々しいものか。

けふも清々しく電車に乗って、帰った。

4月25日(火)-----------------------------

8弦ギター続報。
調べると意外にも、結構な数の多弦ギターが存在してゐる。しかし、そのほとんどは所謂ヘヴィ・ロック系のヒトたちの使う、過剰に低音を強調したギターの事で、ワシが求むるはコレではない。
いや・・・低音側が欲しいには違いないのだが、ワシは別に「ヘヴィに」弾きたい訳ではないのだ。

クラシックギターの世界には、いにしえより多弦ギターが存在し、かのナルシソ・イエペスも、そのイノベーターとしても知られる。
しかし、その多弦(8、9、10、11弦のもある)は、演奏の為、と云ふより「共鳴弦」的な役割を果たし、ワシが8弦ギターに求むるやうに、単純に低音側を同じインターバルで足したものではないらしひ。

ぬ〜む・・・。

しかし、8弦ギターを求むる時点で、既に工場生産品はなく、オーダーになることは必至。しからばまぁ 弦のセレクトなんぞ無限大に出来るのでは?とも思ふが、まづそれ以前に注文する予算はあらうハズもなく、これを世間では「取らぬ狸の皮算用」と呼ぶ。

4月26日(木)--------------------------

恒例行事、しーシュの「撮影会」。
あいにくの雨、を好機の雨、とし、かういふ天候ならではの色々な写真を撮る。

世に、パスポートに使う写真、は幼年期、少年期は頻繁に更新す。こは幼児、少年、少女は、顔立ちが変わるから、である、といふ。対して成人は、もぅそれほど顔の変化がない、といふ事で更新期間が延長される。

しかしまー、やはりそれでも歳を取れば顔も変わるので、ウチらみてぇな商売やってる人間は、出来るだけマメに写真を残しておく方がよからう、と、此処ん処 年に二回くらい「撮影会」をしてゐる。

けふはスナップもだが、幾つか「動画」も抑えた。いづれこのサイトか、フェースBookのしーシュ頁か、で公開せん。
乞うご期待!。
18159483_1480913898646383_702402105_o.jpg

4月27日(木)-------------------------

ナニか久しぶりのやうな気がするレッスン。
といふのも、何故か今月「仕事の都合でひと月空けてほしい」といふ生徒さんが重なり、ホンマにレッスン自体が閑古鳥だったのだ。当然ながらレッスン収入も半減。まぁそは、かういふ稼業なので仕方ない。

新規生徒さん募集中。

夜はまたまた「ハニーズ」との合同リハ。レッスン帰りに遅れて参加。
ハニーズのFUKUちゃんMAYUさん、こないだのリハをしっかり復讐して、ほぼ完璧に仕上げてくれてゐる。分厚く美しいコーラスに、思はず歌声に力が入る。

これをいつ発表するか、テーと、7月の長門でだったりするのだ。
予定ではハニーズ、しーシュ、他の面々 約10人くらいでバガっと長門へなだれ込むのだが、折角なのでたれかマイクロバスかなんか出せぬのか?のやうな話しにもなりつつある(笑)。

運転手募集中(笑)。

4月28日(金)-----------------------

毎年恒例、ぱんぱかトリオによる「ぱんぱかフェスティバル」@欧風酒場バンダンジュ。

今年に入ってコンスタントに月イチでライヴを演り続けてゐるぱんぱかトリオ。この店で、この形態でイベントを組んで今年で3年目。去年はアンプラグドで演ったが、今年はカワちゃんが新しく導入したPAシステムを使っての・・。

昨今、音響機材の進化はめまぐるしく、コンパクトなものでも充分な力を発揮する。
ワシが使ってゐるちーさいベースアンプも、小型の鞄くらいの大きさで、キャパ50くらいの場所に対応出来たりする。
カワちゃんの新システムも、リハ演りながら何度も「へぇ〜」と唸るほどの高性能。
本番でも見事にその実力を発揮してゐた。

前二回ほどの盛会とはならなかったが、カワちゃんの渾身のパフォーマンスに、会場はよぅ盛り上がり、けふも良いライヴとなった。

けふは店長にしてシェフ、ケンタの体調が優れぬやうで、「大丈夫?」と訊きながらの進行。それでもいつもながらの見事な料理を出してくれてゐた。彼だけでなく、春先、体調の不良に悩まされてゐる人は多いね。

みんな、お大事に。
IMG_0629.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梶山シュウ

Author:梶山シュウ
旅するのらくら電気ベース弾き語りスト。
おもに、えせニック歌謡デュオ「しーなとシュウ」で活躍。
500年生きてゐる、といふ噂もある。

音楽と映画と本、少しの酒とツマミ、たっぷりの空き時間 をこよなく愛する中年男。

http://www.kajiyamashu.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR