夜の街ですれ違う人々につひて

SBSH3238.jpg
7月27日(木)帰広---------------------

夜を走るバスにも慣れたか、はたまた我知らぬ旅の疲れか、思ひのほか熟睡して広島へ。

帰るなりウチのアパートがずっぽりと巨大な布に覆われてゐるのに驚く。外装工事が始まったやうだ。塗料が乾きやすいからこの暑い時期にやるわけね。あと壱ヵ月このかんぢらしひ。ヤレヤレ。

カンコンゴリガリと終始音がしてゐるので昼寝もできず、まぁしかしあんまり眠くもないし、そのままレッスンへゆく。

夜はさすがにバタンキュー。
布団に横になり、文庫本を開いたら寝てしまった。

7月28日(金)-------------------

暑い。

昼、佐藤弘之さんとのデュオのリハに行く。
こはオリエンタルホテルでの新体制。
6月いっぱいでそれまでミュージシャン登録してゐた人間が一旦解雇され、新たに編成された人員によるラインナップが構成された。

なんでもピンの歌手は基本ナシ、デュオか何かの編成で週末のみの就業、といふ事だったが、なんや開けてみるとやっぱりピンの歌手も入ってたりして、よぅわからん。

まぁなんにせよ、ピン歌手としてのワシは契約切れ、しかし佐藤さんのデュオなら継続、といふ事になったらしひ。
そのリハだ。
パンフには「梶山シュウ:ベース」と書いてあるが、知らん。
ギターで演る。

かつて「春秋楽団」を共にし、いろんな編成で絡んだ佐藤さんとの久しぶりのデュオ。基本ユルい人なので、細かい打ち合わせはナシ・・てゆーか意味なし。
本番、どーなることやら・・・。

あと、レッスン。
マイノリティ音楽マニアのYさんのレッスンで、久々に「プログレの曲」を取り上げはじめたので、なかなかに楽しい。

7月29日(土)金輪島:楽園熱帯夜--------------------

楽園熱帯夜:もぐフェス2017 といふイベントにしーシュで出演。

今年の春先、ぱんぱかで「鍋作戦」といふのをやった、金輪島は土龍(もぐら)といふライヴハウス。
籬島、ではないが、お客さんも含め船に乗って会場に向かう、といふ意味ではなんか別次元ぽくてワクワクするっちゃする。

主催は旅のミュージシャン、みほりょうすけさん。
彼がセレクトした各地のミュージシャンを集め、こっから先なん年も続けて行けるやうなイベントにしたい、との思ひでけふの第一回。
出演者はほとんど広島以外から参加しており、ワシらしーシュと「竹弦響」といふトリオが広島陣営。

会場は野外。よりによってめたくそ暑い壱日で、ミュージシャンはまだしも、お客さんは大丈夫かいな?。

ワシらの出番はトリなので、日が暮れる頃のステージ。待ち時間も長いので、気をつけながら過ごす。
酒も飲むが、茶や水をたっぷり飲んで水分を摂り、時折塩もねぶり、食事もちゃんと食べ、折を見て室内に入って涼み、汗もかき、また水を飲み酒を飲み、とやってると、暑い野外に壱日ゐたにしては、最後まで体調をキープできた。

で、満を辞してしーシュのステージ。
ワシらの前の竹弦響が、見事なステージを見せてくれ、それに触発された我らも良いパフォーマンスができたやうだ。

終演後、楽曲の完成度とグルーヴ、ハーモニィについて絶賛されたが、まさにそれこそしーシュが求める部分なので、とても嬉しい。

あとなぜかけふだけで6回ぐらい、年齢を訊かれた。
そのたんびに『いくつに見えます?』と思はせぶりな返答をしてゐて、まるでナンパされた女性になったやうな気がした。
20479964_1217165228394195_3349035799601479236_n.jpg

7月30日(日)ぱんぱか納涼大作戦---------------

忙しい事にけふもイベント。
しかもけふはダブルヘッダーである。

まづは、去年もやった「ぱんぱかトリオ納涼大作戦」
広島では珍しい「古民家カフェ」ひらひらを舞台にした、流しそうめん付きライヴだ。

カワちゃんが竹を切ってきて樋を作り、しーなさんが麺を茹で、ワシがタレを作り、といふ分業も慣れたもの。
お客さんは去年より少なかったが、みんな「食べる気」で来てゐて、次々茹で上げるそうめんが、あっといふ間になくなって行く。

その合間にライヴ。
今年に入って月イチかそれ以上、といふペースでライヴを続けてゐるぱんぱかトリオ。演奏は良いかんぢにこなれてゐる。
まぁトリオなので、もっとサクサクとステージが進むやうになれば良いのだが・・。

今年も好評にて終了。
そうめんが好評すぎて、ワシらの賄いがなくなり、新たに買い出しに出る、といふ、まぁうれしい悲鳴。

けふはその後、とあるCMソングの録音のため、スタヂヲに移動。
久しぶりに、絵コンテ見ながら、声音を変えながらいろいろ演るのは楽しい。
しかしTVのないウチは、オンエアが見れない、といふ・・・。

さらにその後、佐藤さんとのオリエンタルホテル。
地味なおっさん二人がやらかす地味な唄は、そぞや浮くだらう、と思ってゐたが、意外にもウケてゐて驚く。
この現場で初めて「手拍子」が起こったのには、たまげた。

しかしまぁ付け焼き刃、の感は拭えぬデュオであり、最後の方はネタ切れ。ワシが唄ってるバックで佐藤さんがギター叩いてる、みたいな事になってしまった。

まぁしかしよぅ動いた週末、売れっ子ミュージシャンの暮らしのやうな日々だった。
20561945_874530812712534_1281076730_n.jpg

7月31日(月)---------------

週末の動きが嘘のやうに、何の予定もない月曜日。
この落差が、決してワシが「売れっ子」ではない、と云ふことを示してゐる。

まぁ休みは休みなのでありがたく満喫し、ネット作業をしばしやり、炎天下を歩いて買い物にゆき、シャワーを浴び、常備菜づくりに没頭し、映画を見る。「シン・ゴヂラ」

なんか日本の政治力が弱い理由、を長々と説明されてゐるやうでゲンナリ。ゴヂラも帯同武器が大げさな割に弱すぎる。なんであれしきの技に負けてしまふのか?。

役者陣もイマイチな中、石原さとみが ただ一人過剰なエロさを振りまいてゐて、これはまぁ良し。

夜は久しぶりに女房と外食。
近所の鉄板焼き屋でお好み焼き&ビール。帰りにワインを買って帰り、家でまた飲み、あえなく撃沈。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梶山シュウ

Author:梶山シュウ
旅するのらくら電気ベース弾き語りスト。
おもに、えせニック歌謡デュオ「しーなとシュウ」で活躍。
500年生きてゐる、といふ噂もある。

音楽と映画と本、少しの酒とツマミ、たっぷりの空き時間 をこよなく愛する中年男。

http://www.kajiyamashu.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR