好きなもの達で身の回りを固めても

20767816_1594422250614561_1742217347020681057_n.jpg
8月6日(日)-------------------

久しぶりに女房と買い物。
最近、スーパーが自社ブランドの商品を出してゐて、これが品質は悪くなくとも値段が安い、といふのがあり、よく買う。
けふなど「カップ日本酒」が¥79とか、さういふのがあり、買ってみる。
もちろん、「素晴らしく美味い」訳ではないが、これはこれで悪くない。

夜はぱんぱかトリオのリハ。
レコーディングや連日ライヴを視野に入れて、カワちゃん燃えてゐる。

8月7日(月)-------------------

ハニーズのギター&ヴォーカルフクちゃんの経営するファクトリィへ、エヤコンを入れて走ると「キー!」と音がする我が車「ぐっち」を修理に出しにゆく。

昔ながらの、自身が経営し、自身が工員として働き・・といふ「町工場」で、サクサクと修理を進めてくれるフクちゃんの、日頃は見られない「職人」としての顔が見れた。素晴らしい。
もぅ車検もフクちゃんにお願いしやうかなぁ・・・。

ハニーズの面々とは、8月終わりに合同ツアーとして、長門はパタ屋に遠征することが決定しており、みんなとても楽しみにしてゐる。ドラムスのてっちゃんなど「楽しみ死に」しさうな、とまで(笑)。

人生の後半になって、斯様な善き人達と親交が持てることに、感謝。

8月8日(火)-------------------

外装工事のため、アパートがずっぽり布に覆われてゐることは、先述した。
暑い中で作業を進める職人さん達には、ご苦労様、としか云へぬが、けふはシンナー系の溶剤の使用が激しく、キツい。
日頃ワシの仕事は夕方から始まるので、日中は家で準備や練習をするのだが、けふは家にゐるのがしんどい。

ので、もぅ昼には家を出てスタヂヲ入り。
そのままレッスンまで。
ほぼ8月の終わりまで工事は続くらしく、やれやれ、とは思ふ。

8月9日(水)しーなとシュウと江口優:トコナツ屋-------------------

20727904_627458397458091_6940070130464766784_n.jpg
りぶさんのエグっちゃんこと、江口優が、初めてソロで広島にやって来るのを、しーシュでホストす。

りぶさんが活動休止してほぼ壱年。
超人気者バンドではあったが、ワシらにとっては可愛い後輩達。それぞれのソロ活動や暮らしぶりを、なんとなく気にしたり関わったり・・。
広島でライヴがしたい、といふ時には、かうしてワシらを頼ってくれるのは嬉しい。

『りぶさんの時と比べるとだいぶ暗いですけど、大丈夫スか?』とエグっちゃん。
ワシらも初めてソロを聴くが、これがまぁ当然ながらなかなか素晴らしくて、やはりりぶさんといふバンドの、個々のスキルの高さといふか、スゴさといふか、上手さといふか・・・、こないだ横浜でギターのけんぢまんと演った時も思ったが、スゴい奴らだな、と改めて思った。

さすがの人気で、会場のトコナツ屋は開店と同時に満員。
お店の8周年記念週間、といふ事もあったが、ギュー詰めの店内に入れずに帰られた常連客の方もおられ、そは申し訳なかったな、と。せめて良きライヴで。

かういふイベントの常で、オープニングはワシらから。
王道路線の、割と激しい目のラインナップでダダっと演ってしまったが、りぶさんをちょいと意識しすぎかな?。
まぁ、オープニングやから・・。

エグっちゃんのソロは、本人も云ふやうに、りぶさんとはまた違った、どっちかてぇと叙情的な弾き語り。
けんぢまんの曲と比ぶれば、より泥臭い印象が強く、これがあのシワ嗄れた声と相まって、ん〜〜〜〜聴かせるねぇ。
思はず、予定にない曲にベース入れたりハモったりしてみた。

後半はワシらがバックに入り、りぶさんのナンバーで会場を盛り上げる。
おぉ盛り上がり。

人気バンドのメンバーであった者としてのソロ活動、といふ事のあれこれを、老婆心ながら考へる。けんぢまんもエグっちゃんも、彼らが口にするほど、気楽に活動を続けてゐる訳ではない、と思ふ。
後半『また(りぶさんの)3人で旅ができたら良いな、と思ってます』と云ったMCが印象的だった。

頑張れよ。これから先も、良い旅を。

会場には、日頃ワシらだけのライヴには来ない面子もいろいろ揃ってゐて、久しぶりに語る。どーやらワシは、広島の若手のコらに「怖がられて」ゐるらしひ。ふ〜〜ん。全然怖くないのにね。

8月10日(木)--------------------

遠く津山から、「だいふく」のヴォーカル、石田あかりチャンがワシのヴォイストレーニングを受講しに来てくれた。
だいふくでは、流暢な英語を駆使した色んなタイプの歌を軽々歌ってゐるやうに見受けるが、ぢつはヴォイトレの類を受けたことが、壱度もないと云ふ。

前もどっかで書いたのだが、ヴォーカルを習いに来る、といふ事は、他の楽器を習いに来る、といふ事と、微妙に異なる。
ギターその他の楽器のやうに、『よぉし明日から歌を唄うぞ!』と思って習いに来る訳ではなく、ある程度自分が歌ってゐて、何かで行き詰まりや壁を感じた時に初めて、ヴォイトレの門を叩くのだ。

だから、歌の生徒にはさういふレッスンをしてやらんとイカン。
さういふ事を考へる、いちをう真摯なセンセイなのであるよワシも(笑)。

壱時間のレッスンを受け、楽しさうに帰って行ったあかりチャン。また津山でご一緒しませう。

その後スタヂヲに篭って(自分の)歌の練習したり、レッスンしたりして、夜はぱんぱかトリオのリハ。
けふはレコーディングに向けての調整。アレンジをどーするか、構成をどーするか、交えながらけっこう熱く真面目なディスカッション&リハが深夜まで。

もっとヒマな夏になるかと思ひきや、けっこう忙しい日々である。

8月11日(金)吉賀町ドメニカーナ:垰越えスクラム2017--------------------

ぱんぱかトリオで吉賀町「垰越えスクラム2017」といふ野外イベントに参加。

会場のドメニカーナは2年前だったか、の冬にしーシュで来たことがある。
カワちゃんは初めて。人気ものイケメンシンガー、香川弘光くんの導きでぱんぱかトリオとして出演だが、エグっちゃんやけんぢまんも参戦(もともとりぶさんの出演がこのイベントのトピックだった)する、と聞き、ハナから『色んな人のバックを務める』つもりで行く。

よくある野外フェスのやうに、ヒッピーぽい若者が怪しげにたむろして・・・といふのではなく、家族づれや年配の方々も居り、出演者もフリージャズから演歌まで相当幅広い。もちろんこのテのイベントに慣れた人なら、より一層楽しめるやうな・・・。ワシも着いてすぐビール&屋台のタコ焼で「くむぅ」。

ぱんぱかトリオは夕方の出演。初めての参加だったカワちゃんだが、そこは流石の「持ってき」方で、会場も「ぱんぱかぱっぱ〜」の大合唱。悪くない形で演れたが、ちょっと長かった、のかな?。

ぱんぱかトリオの前後を挟む形でエグっちゃんとけんぢまんが出て、予想したやうに、それらのほとんどでバックを務めた。それはそれで楽しかったが、主催スタッフの中から『なんでしーシュで演らぬ?』の声が上がり、いやいやけふはぱんぱかで誘われて・・・と茶を濁してゐたが、ついに『演れ!』と云はれ、演る(笑)。

まぁかういふ場でしーシュの音楽が盛り上がるハズもなく、いつものやうに冷え込ませたが(笑)、まぁしーシュらしひニッチも提示でき、余白的な楽しさが味わえた。

主催者のひとりであるクラさんとヒロキくんは、常々『盛り上がるだけが音楽ではない』と語ってくれており、事実、香川くんやりぶさんのやうなポップでハッピーな歌と、しーシュのやうな音楽を同軸に捉えてくれてゐる。

さういふ理解者を探して、あれこれ旅を続けて来たしーシュだが、それなりに自分ららしいニッチを見つけつつある。
ぢゃあこっから先、どこまで聴き手をケムに巻けるか、と主軸に唄を作って行くのもアリかな?とも思ふ。あえて『プログレ臭ぷんぷん』みたいな、のとか・・・(笑)

良いイベントに誘ってくれた香川くんに感謝。

20638189_2014494978770806_8997785258578889583_n.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梶山シュウ

Author:梶山シュウ
旅するのらくら電気ベース弾き語りスト。
おもに、えせニック歌謡デュオ「しーなとシュウ」で活躍。
500年生きてゐる、といふ噂もある。

音楽と映画と本、少しの酒とツマミ、たっぷりの空き時間 をこよなく愛する中年男。

http://www.kajiyamashu.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR