FC2ブログ

ヘール・ボップ彗星は今どこを飛んでゐるのか

2月24日(土)しーなとシュウ@オリエンタルホテル--------

28511043_1879868155421551_1845547568_n.jpg
行事の多い壱日。

まづはこないだの「大作戦」以来のぱんぱかトリオ集結。ウェブラヂヲ「旅のしゃべラジ」の収録。
話の内容はまぁコンサートのことが中心になる。
その余波を借り、ぱんぱかトリオの次のライヴの計画とか。

んで レッスンに行き、一旦帰宅したのち 準備してオリエンタルホテルへ。月イチのラウンジ・しーシュである。

ここでの常連、Hさんご夫妻。
こないだのワシのソロ、「吟@ふらんす座」に来てくださり、ぢつは長いお付き合いで初めてワシの「ベースによる弾き語り」を聴いていただいた事になる。
選曲も環境も客層もいつも(オリエンタル)と全然違うし、どー思はれただらうか?と懸念してゐたが、逆にその部分を感心していただき、安堵。

さうだよなぁ。
お客さんだけでなく、ミュージシャン仲間にも、ワシがベースを弾いて歌うところを見たことがない、といふ人もゐる訳だし、まぁ我ながら「捉えどころのない」位置で音楽を演ってゐるものよ、と。

ワシは正しい道を歩いてゐるのかねぇ?。

2月25日(日)歌声一座@お好み焼きの大松--------

けふは「歌声一座」。
こないだの萩で一緒したのち、ひとりで九州をぐるっと廻って来た、「座長」富安秀行さんを、改めて広島で迎えるしーシュ。

こたび初めての試みとして、おなじみお好み焼きの大松の、ライヴスペースではなく、「大松」・・・鉄板焼きの店そのものでの「ゲリラ的」ライヴを敢行。「流し」といふスタイルにこだわり、PAナシ=生声、生音でのライヴと相成った。

大松としても初めての試みであり、店主ヨシコちゃんを含め、ワシらも「どーなるのやら」といふかんぢで。
日曜の夜、と云ふこともあり、お店は常連さんとワシらのお客さんでいっぱいの状態。ここにイキナリ、「流し」が登場するわけだ。

ワシはアコベ「ぱん兵衛」を生音で。富安さんは生ギター、しーなさんはアコルディヲンで。

これが意外なほどえぇかんぢになり、盛り上がる。20分くらいのステージを、休み休み三回。途中で座長に休んでもらふ為にも、ワシやしーなさんが一人で演ったりもした。それも良い効果を生み、まぁ初めての試みとしては、上手く行ったのではなかったか?。
28512518_597265977287451_1584032900_n.jpg

終演後、一見のお客さんと話し込んでゐた富安さんが印象的だった。
お疲れ様でした、座長。

『富安さんが広島に来たらココ』としてゐたハコが立て続けになくなってしまい、我らとしても旅人をお迎えする場所が確保できてない現状。よろしくないなぁ、と思ひつつもどーにも出来ないのがもどかしい。かうなりゃワシが店やるか?とも思ふが、自分のライヴに客を呼べぬ人間が店をやっても閑古鳥が鳴くは必至。

げに、どぅにか出来ぬものか・・・。

アクースティック・ベースギター、と云へども、生ではほとんど「鳴らない」ぱん兵衛。
翌日には指が腫れるくらい力まかせに弾きしごいても、自分で弾いてゐる感覚はほとんどなかったが、お客さん曰く『よぅ聴こえてゐた』さうで、あぁそれなら良かったな、と。

このサイズで、ホンマに生ギターと張り合えるくらいのベースがあるなら、すぐにでも買いたいところではある。

2月26日(月)--------

出張レッスンで向原へ。
その後、しーシュのリハ。

その後、スーパーに寄るが、野菜(特に葉野菜)が高いのには、ほんまに辟易す。
キャベツ1/4が¥300て・・・。

まぁ、工業製品ではないのだから、相場の変動が激しいのは理解できるが・・・。にしても高い。
かうまで高騰が続くと、ガソリンのやうに『なにか特殊な社会事情が働いてゐるのでは?』といふ気になって来るのが、また我ながらウザい。

2月27日(火)--------

ひとり企画「吟」を定例化して行くにあたり、ワシがどのやうなスタイルで演るべきか、を熟考す。

ワシ自身、唄を歌う、といふ事に関しての演奏スタイルにはホンマにコダワリはなく、ギターだらうがベースだらうが下手なピヤノだらうが、曲に合うものならなんでも良いと思ってゐる。・・が、聴く人にとってはワシはやはり「ベース弾き語りスト」の側面が強く、それを求むる声も高いのも確か。

だがまぁベースのみで伴奏、といふ音楽性には、聴き手が思ふより高いハードルが存在するのだ。例えるなら「オブラディ・オブラダ」はベース一本でも(なんとか)形になるが、「レット・イット・ビィ」は難しい、といふトコロか?。

さうしてゐるとyoutube上にAaron gibsonといふ人物を発見。
このおっさん、フツーの唄をベースの伴奏のみで弾き語る、といふ、云はばワシがこれまで見た中で一番ワシに近いことを演ってゐる人だ。

ベースの演奏もたいへん達者であるが、「ベース一本で演る」といふ気概が如実に現れてゐて、ブレない強さを感ず。
ワシには この「思ひ切り」が足りぬのだ、とも思ふ。
ぬーむ、まだ悩む。

2月28日(水)--------

まだ28日しか経ってないが、如月が終わる。
俗に云ふ「2月は逃げる」といふはこの事か?。

けふはレッスンが4人。
ライヴがない日に4人づつレッスンが入れば、そは定期収入として程よいものであり、暮らしを廻す手立てとしては充分なものだと思ふのだが、なんと明日3月の初日から3日間、レッスンもライヴもナシ、といふ・・・。

この3月は、これまでになく仕事が入らず、ぢつは戦々恐々としてゐる。
去年の3月がやはり仕事が少なく、良い機会なので青春18切符での旅に出たりしたのだが、今年はさらに少ない。
だが、以前ライヴを観に行ったミュージシャンがMCで『俺、先月 まったく無収入だったんスよ』と云ってたのも憶えてゐて、あぁさういふ事もあるのか、と。そしてそれが今、自分に降りかかってゐるのか、と・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR