FC2ブログ

日々更新される憂いにつひて

FiUz2aMj.jpg
10月11日(木)下北沢Blue moon ソロ --------

夜行バスで東京入りしたのは、まづはこのライヴのため。

我らが東京の根城、下北沢はブルームーンが今月で閉店、といふことは、ぢつは結構早い時期から知らされてゐて、ならば、と今年に入ってからもづいぶん足繁く通わせていただいてゐた。
こないだの「手ぶら行き当たりばっ旅」が最後の出演かな、と思ってゐたがやはり最後にもう一度、の感が強く、半ば無理やりこの日のライヴを決めた。

『ライヴできる店をやる、と決めたとき、真っ先にお前が歌ってる姿が浮かんだ』と云ってくれる店長 平石正樹さん。その光栄な店への最後の出演は、やはりソロで。
対バンを務めてくれたのは、広島にもゆかりの深いジャグ・シンガーのイケマーと、元弟子の川村ZAVZA泰行。両者とも、何度もこの店で共演してゐる。特にイケマーなど、日頃はカタギの仕事に就いてゐて、平日のライヴはなかなか難しいであらうに、ブルームーンの最後を、と一緒に演ってくれることになった。

この店で知り合った音楽家もあり、また、ワシがここを紹介して懇意になったミュージシャンもゐる。
ここが良い店だと云はれることはワシにとっても嬉しかったし、誇りだった。

感謝を込めて、のブルームーン最後のソロ。
ストロマトライト/君が亡くなって1年が過ぎた/ブルームーン/きんぎょ/いらっさい/微熱/らのえてぃあ/旅行きて

イケマー、正樹さんとのセッションもあり、楽しく、嬉しく、そしてやはりちょいと切ない、最後のブルームーンの夜だった。
q0D4ATVy.jpg

明日からじぶこんHsバンドのレコーディングで、長野県は駒ヶ根市に入ることになってゐる。宿を借りてゐる友人にもアレだし、井の頭線の最終で吉祥寺に帰るつもりでゐたのだが、正樹さんと打ち上げをしてゐるうちに「けふはさうも行かぬだらう」といふ思ひになり、最後まで付き合うことにす。

ボンドマティーニをぱかぱかと水のやうに飲む正樹さん(ちょいと飲みすぎだよ!)と結局2時くらいまで飲み語り、この道をこのやうに往くのも、これで最後かァ、と思ひながら、タクシーで吉祥寺まで帰った。

ありがとうブルームーン。いざ、さらば。

10月12日(金)じぶこんHsバンドレコーディング:前入り --------

アレは一年前の夏だったか
我が朋友バンド じぶこん(辻岳春、裕子夫妻)が、全国を旅する中で出会ったピンと来る音楽家を集めて、じぶこんHsバンドといふユニットを編成し、「へそ祭り」といふタイトルで2日間に渡るイベントを敢行した。

2日間でのべ千人以上の来場者を得た大成功のイベントは、ワシにとっても素晴らしい経験だったし、そこで一堂に会したメンバーたちのスゴさたるや、いま白状するけど このワシが友人に弱音メールを送るほどだった(苦笑)。

あの時ワシは、「近いうちに必ずこのメンバーを訪ねて行こう」と強く思ったのだ。

さういふ思ひはじぶこんのふたりも同じだったやうで、あのメンバーでの音を残したい、と強く思ったタケポンとゆぅこりんは、ついにHsバンドでのレコーディング に踏み切ったのだ。
じぶHs

まぁ長くなったが、そんな話し。

レコーディングはHsバンドの鍵盤奏者 夏秋文彦さんの地元、長野県は駒ヶ根市で行われる、といふことで、じぶこんの二人とワシは前入り。けふはじぶこんカーに乗って、ひたすら走る。
長野と云へば、御神渡りの諏訪湖。御柱祭。飛騨、赤石、木曽、みっつの長大な山脈を擁する日本アルプス・・・。いづれも「日本の神性」を強く感じさせる土地。「信州」といふのを「神州」とだと思ってゐたほど、まぁなんかさういふかんぢ。憧れっちゃ憧れの場所でもある。

んで、夏秋さんは「伊那谷の仙人」と呼ばれてゐる、もぅホンマもんの神性ミュージシャン。古民家に住まい、米と野菜と味噌と醤油を自身で作り、調理以外で極力火を使わぬ暮らしをしながら、世界各国で演奏活動を続けてゐるお人。Hsバンドの中でもひときわ異彩を放つその存在感に、ワシも興味津々だった。
その暮らしぶりを垣間見ながら、の3日間の逗留となる。

けふは録音に際しての、細かい決定事項やアレンジを煮詰めて行く作業。レコーディングに向かい、すでにテンション上がりまくりのゆぅこりんが次々に注いでゆく酒をカパカパ飲みながら、伊那谷の夜は更けゆく。
RIMG6012.jpg

10月13日(土)じぶこんHsバンドレコーディング:初日 -------

けふから本格的なレコーディングに入る。
富山からパーカッションのヤマダベンもやって来た。

夏秋さん懇意のプライヴェート・スタヂヲを借り切っての、ひたすら音に没頭する1日。
今回、じぶこんファン代表のカオリさんがスタッフとして同行しており、彼女は食事を含む我らの身の回りの世話を一手に引き受けてくれ、おかげでワシらは演奏以外のことに一切気を煩わせることなく、音楽に集中できる。

この3日間で、ワシとベンちゃんによるリズムセクションを一気に録り切ろう、といふ計画。よぅは「ベーシック・トラック」だ。譜面でしっかり予習して来たワシと、譜面を見ずに直感でプレイするベンちゃんの音を、タケポンのギターと夏秋さんの鍵盤がまとめあげて行く。
44057220_1647585092013364_6221281216545423360_n.jpg

ぢつはレコーディングを得意とするワシ。
サクサクと録り進み、なんとけふだけで6曲をコンプリート。
えぇ調子やね、とか云ひながら、明日も同じ場所での作業なので、楽器も機材も置きっぱなしで帰れる嬉しさ。

10月14日(日)じぶこんHsバンドレコーディング:二日目 --------

今朝も早よから録音開始。

難曲を先に、といふことで、構成がややこしかったり、長尺だったりするものを昨日で済ませており、けふは楽勝か?と思ひきや、シムプルでポップな曲ほど煮詰まりやすい、といふ レコーディングあるある。

それでもワシはまぁ順調に録り進み、途中ちょいと散歩に出かけられる余裕もできる。

こちらに来てからづっと、カっと晴れてゐると思ひきや急に雨が降って来たり、と不安定な天候。これが長野の気候なのかな?とか思ったりしながら。壮大な盆地、といふかんぢなのか、どこに行っても景色は素晴らしく、街のどこからでも高く高く連なる山脈が望め、その頂上付近はつねに霧をはらみ、たいへん幻想的な風景。
RIMG6076.jpg RIMG6082.jpg

ぬーむ、と思ひながら、しかしちょいと街の中心に行けば、ちゃんとコンビニもあればチェーンのリストランテやドラッグストアもあり、人の営みといふは、日本どこに行っても、まぁだいたい同じやな、とか。

けふもえぇかんぢに録りすすみ、夕方過ぎる頃にはリズムセクションが完了。力強くガッツポーズをとり、ベンちゃんとハイタッチ。明日は夏秋さんのピヤノを中心に、ワシとベンちゃんの「声」を録って行く作業を残すのみ、となった。

えぇかんぢである。

10月15日(月)じぶこんHsバンドレコーディング:三日目 -------

けふは場所を変え、音色が素晴らしい、といふピヤノのある会場で、夏秋さんを中心にした録音となる。

ワシとベンちゃんはしばらく遑をもらひ、フロに入りに行ったりメシを喰ひに行ったり。連日 想定以上の寒さが募ってゐて、持って来た衣服だけでは暖が取れなくなり、やむなくホームセンターで釣り人用の非ファッショナボーな防寒着を買う。

ワシらが居ない間、パソコンがトラブったらしく、意外に難航してゐたらしい録りも、なんとか進み、いょいょワシの「声」を録る段になる。

ワシは密かに、ワシがこのバンドのメンバーに選ばれたのは、ベースはさておき、コーラスの技術に負う部分が多いのではないか、と思っており、上述の「へそ祭り」においては、なにやら体調を壊した状態で「声が全く操れぬ」といふたいへん悔しい思ひの中でのライヴとなったのだった。
ので、得意なレコーディングで、調子の良い時の声を録れるのは、ワシも嬉しい。

ほとんどの曲をほぼワン・テイクでキめ、力強くガッツポーズ。これにて、じぶこん新作におけるワシとベンちゃんの役目は、全てコンプリート。あとはギターの中嶋恵樹さん、夏秋さん、そしてタケポン&ゆぅこりんの「うわもの」に託す。

ベンちゃんはその足で富山へ帰って行く。じぶこんのふたりは明日も駒ヶ根に残り、夏秋さんとともに最終的な装飾音を録るといふ。ワシは明日の名古屋行きのバスを予約し、安心して打ち上げ。良い録音だった、などといふ話からまた日本酒がカパカパ減ってゆき・・・・。

10月16日(火)帰広 ---------

だいぶ酒が残った朝。
ゆんべのワシは、なにやら「リディアン・スケールの美しさ」につひて、かなり熱く語ってゐたらしひ。なんかそれって一番ウザいタイプの酔っ払いではないか・・・。

居残りメンバー全員が、駒ヶ根バスセンターまで一緒に来て、バスが出るまでを見送ってくれた。
じぶこんのふたり、ベンちゃん、そして夏秋さんに、深い感謝を。よくぞこのメンバーにワシを加えてくれた、といふ感慨ひとしをである。良きアルバムの完成を祈る。間違いなく素晴らしいアルバムができるだらう。
楽しみに待ってゐやう。

名古屋まで約3時間。名古屋駅で一旦街に出て遊んで行くことも考へたが、まぁ結構疲れてもゐるので、駅できしめんを喰ひ、適当に来た新幹線に乗る、といふやり方でスンナリ広島を目指す。

夕刻には広島に着。乗り換え駅で友人の娘(女子高生)にばったり会い、同じ路線なので一緒に帰る。女子高生と怪しいおっさんのコンビ(笑)。これがまたえらい気さくな娘で、しーなさんの娘以外で、こげな気さくな女子高生がゐたのだな、とまた感慨ひとしを。

素晴らしい三日間だった。

10月17日(水)--------

旅帰りすぐだが、53歳の誕生日を迎えた。

ぢつはこのツアー中の各地で、ちょいと早いサプライズの「おめでとう」を頂いており、ここ数年わりとフツーの誕生日を過ごしてゐた身としては、久しぶりに多くの人にお祝いしてもらひ、おかげでづいぶんとココロ穏やかな誕生日となった。

みんなありがとう。
重ねた歳だけの「徳」が身についてゐるかどーか甚だ疑わしいところだが、斯様な身のものがここまで音楽を続け、それが少なくない人々に愛され、まだしばらくは続けて行けさうな幸運に、心から感謝を捧げたい。

誕生日ツイデに運転免許証の更新に行く。
今回も幸運なことに黄金免許。のべ10年間の無事故無違反を完遂したことになる。煩雑な講習だの手続きだのを回避できるメリットだけの為にでも、またもぅ5年、頑張ってみやう、と思ふ。

そんな訳で、今回の免許証の写真は、過去数回更新して来た免許証の『典型的犯罪者顔(とくに前々回の更新では、窓口で係員とモメ、恐ろしいほどの凶悪顔で写ってしまってゐた)』と違い、だいぶココロ穏やかな顔で写ってゐる。

ココロ穏やかに歳をとりたいものだ。

44023099_1646446528793887_1201572312860590080_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

梶山シュウ

Author:梶山シュウ
旅するのらくら電気ベース弾き語りスト。
おもに、えせニック歌謡デュオ「しーなとシュウ」で活躍。
500年生きてゐる、といふ噂もある。

音楽と映画と本、少しの酒とツマミ、たっぷりの空き時間 をこよなく愛する中年男。

https://kajiyamashu.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR